AI・機械学習

「Amazon Echo」入門--刷新されたデジタルアシスタント搭載スマートスピーカー

「Amazon Echo」が刷新された。Echoは、デジタルアシスタント「Alexa」を搭載するスマートスピーカーで、スマートホームのハブとして利用できるだけでなく、職場のスマートオフィス化にも有用なデバイスだ。

 「Amazon Echo」スマートスピーカーは、2015年の発売時に業界に大きな変化をもたらした。それ以来、Googleとの競争が激しくなってはいるが、モノのインターネット(Internet of Things:IoT)ハブ市場をリードし続けている。Echoと「Amazon Echo Dot」「Amazon Tap」は、家庭、オフィス、企業など、インターネット接続が利用可能で内蔵デジタルアシスタントの「Alexa」がウェブにアクセスできる場所なら、どこでも使用することができる。

 Echoは、スマートホーム向けに設計された製品のように思えるかもしれないが、もちろんスマートオフィスでの利用も可能だ。IoTコネクテッドオフィスのハブを探しているなら、Echoがそれに適した製品かどうか、時間をかけて調べてみる価値は十分にある。米TechRepublicは同製品について必要と思われる情報をすべて本記事にまとめた。このAmazon Echo入門では、Amazonのスマートスピーカーについて簡潔に紹介する。

概要

  • どんなものなのか:Amazon Echoはインターネット接続機能を備えたスマートスピーカーで、AmazonのデジタルアシスタントAlexaを搭載する。IoTハブ、音楽プレーヤー、インターネット検索エンジンなどの機能があるほか、「Skill」によってさまざまな処理を実行することができる。
  • なぜ重要なのか:現在のところ、市場をリードするスマートスピーカーだからだ。「Google Home」が僅差で2位につけているが、AmazonのEchoとAlexaの方が2年早くリリースされているため、同社のプラットフォームが優位に立っている。スマートホーム技術に興味のある人は、Amazon EchoかGoogle Homeのいずれかを選ぶことになるだろう。
  • 誰が影響を受けるのか:自宅や会社をIoTと接続してスマート化したいと思っている人は、誰もが影響を受ける。Echoは各種IoTデバイスのハブとして利用でき、画面付きの新型Echo端末は、企業や消費者向けにシンプルなビデオ通話機能も提供する。
  • いつリリースされたのか:初代Amazon Echoが米国で一般向けにリリースされたのは2015年6月だ。その後、米国ではEcho DotとTapが、それぞれ2016年3月と6月にリリースされた。Amazonは2017年9月、Echoのラインアップを刷新し、Echoの新バージョンのほか、スマートホームハブを内蔵する「Amazon Echo Plus」、小型の「Amazon Echo Spot」、Alexaを電話回線に接続する「Amazon Echo Connect」も新たに発表した。
  • どうすれば利用を開始できるのか:Amazon Echoシリーズの製品は全てAmazon.comや米国などの大手家電量販店で販売されている。初期設定は簡単で、スマートフォンアプリをインストールして画面の指示に従うだけでいい。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4147文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan