情報漏えい対策 インテリジェント ウェイブ

CWAT:端末操作とポリシー違反のログから情報漏えいを監視、制御

情報漏えい対策ソフトウェア「CWAT」は、企業内部のネットワークと端末操作の両方を監視、制御する。PCの操作ログとセキュリティポリシーに違反した操作ログという2種類のログを管理する。

CWATのポイント

  • PCの操作ログとセキュリティポリシーに違反した操作ログを管理
  • 不正操作に対して警告を発信、オペレーションの中止などを適宜設定
  • USB接続機器もシリアル番号単位で監視、制御

CWATの製品解説

 インテリジェント ウェイブの「CWAT」は、不正操作の監視や禁止、抑止といった“情報漏洩の防止”と事後の証跡管理から追跡までを担う“フォレンジック”を目的としたセキュリティソフトウェア。企業内部のネットワークと端末操作の両方を監視、制御して情報漏えいを防止する。

編集部おすすめの関連記事

 PCの操作ログとセキュリティポリシーに違反した操作ログという2種類のログを管理する。ログを管理することで個人情報のほかに人事や財務、顧客などの企業内の情報資産を漏えいから“守る”、漏えいしていないことを“証明する”、未然に漏洩事故につながる行為を“突き止める”という。

 不正操作に対して警告を発信するのはもちろん、オペレーションの中止などを適宜設定できるので、リアルタイムに対応できる。ポリシーによる不正操作監視や制御、USBデバイスのシリアル番号単位での監視や制御、サイト管理によるマルチテナント対応などで情報漏えいを未然に防止する。

 粒度の細かいログの採取や容易かつシンプルな運用など、管理者のみならず経営層にも現状把握と運用負荷軽減のメリットをもたらす。日英韓中の各言語に対応し、複数監視サイトの設定も可能なのでグローバル展開している企業にも最適な仕様となっている。

CWATのまとめ
用途と機能企業内部のネットワークと端末操作の両方を監視、制御して情報漏えいを防止
特徴不正操作に対して警告を発信、オペレーションの中止なども適宜設定。USB接続機器もシリアル番号単位で監視や制御
導入企業化学物質評価研究機構、光ビジネスフォーム、KDDIなど

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]