電話・FAX

C-Voice:“キャリアフリー、デバイスフリー”な音声サービスを一元的に提供

「C-Voice」は、さまざまなタイプの顧客が求める音声環境ニーズに対して、PBXなどの設備をオフィスに設置することなく、月額料金方式でワンストップで提供する音声クラウドサービスだ。

C-Voiceのポイント

  • PBXの機能に加えてモバイル連携、災害復旧対応などを一元的に提供
  • 既存の通信事業者回線やモバイルとの融合にも対応
  • 1IDごとの月額制と機能別の月額制で計算

C-Voiceの製品解説

 NTTコムソリューションズの「C-Voice」は、一般的な構内交換機(PBX)の機能はもちろん、モバイル連携やWAN、電話回線の継続利用、災害復旧(DR)対応などのサービスを一元的に提供する。

編集部おすすめの関連記事

 NTTコミュニケーションズの回線に限らず、既存の通信事業者の回線にも接続できる。携帯通信事業者が提供する、移動体通信と固定電話通信を融合させたFixed Mobile Convergence(FMC)サービスとも連携できる。

 接続できる端末は既存の電話やネットワーク機器、サードパーティーの機器など。IP固定電話機やデジタル多機能電話機は利用できる機種に制限がある。

 課金は1IDごとの月額制と機能別の月額制で計算される。軽い設定変更はNTTコムソリューションズが担う。オンサイトでの工事にも対応する。設備は冗長構成を取っており、ネットワーク障害や大規模災害に備えたDRサービスも提供する。音声基盤は24時間365日体制で監視、故障にも対応する。

C-Voiceのまとめ
用途と機能さまざまなサービスや機能をワンストップで提供する音声サービス
特徴既存サービスやモバイルサービスとの連携で多様なビジネススタイルに対応。柔軟な音声システムが構築できる
税別料金月額基本料金54万円~
月額利用料金1 ID当り470円~、1チャンネル当り230円~
(初期構築費、月額オプション利用料金は応相談)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  4. 幸せなA社と不幸なB社、天国と地獄を分けたのは1年前の決断だった!-中堅・中小企業のERP導入
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]