クラウドストレージ

オンサイトサーバから「Google Drive」へのファイル移行--「Drive File Stream」を使う場合

ローカルサーバから「Google Drive」にファイルやフォルダを移動する方法を解説する。ここでは、「Team Drives」と「Google Drive File Stream」という2つの機能を利用する。

 筆者が一緒に仕事をしている2つの組織は、概ね惰性で未だにファイルをオンサイトサーバに保存している。ユーザーはオンサイトの共有フォルダに保存されたファイルを使って作業する。オフサイトでファイルを扱う必要があるときは、そのファイルのコピーを保存する。ファイルがどのフォルダに保存されているのか分からない場合、検索には長い時間がかかる。いずれの組織も2年以上前から「G Suite」を利用している。

 いずれの組織も現在、Googleが2017年にローンチした2つの機能(「Team Drives」と「Google Drive File Stream」)を使って、ファイルをオンサイトサーバから「Google Drive」に移動することを計画している。

 2017年3月にローンチされたTeam Drivesは、ドキュメントの所有権とアクセスを簡素化する。個人ではなく、Team Driveがファイルを「所有」する。グループのメンバーに変更があった場合、それらのファイルへのアクセス権も変更される。Team Drivesの登場前、Google Driveのファイルやフォルダは全て個人のアカウントによって所有されていた。個人の「My Drive」に保存されたファイルやフォルダに関して言えば、それは今でも変わっていない。そして、Team Drivesが登場した今、Team Driveの全てのメンバーは、そのTeam Driveに保存された全てのファイルを扱うことができる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3168文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. 悪用されるIoT、ブロックチェーン、仮想通貨--グローバルセキュリティレポートが明かす「脅威の進化」
  3. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  4. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]