クラウドストレージ

オンサイトサーバから「Google Drive」へのファイル移行--「Drive File Stream」を使う場合

ローカルサーバから「Google Drive」にファイルやフォルダを移動する方法を解説する。ここでは、「Team Drives」と「Google Drive File Stream」という2つの機能を利用する。

 筆者が一緒に仕事をしている2つの組織は、概ね惰性で未だにファイルをオンサイトサーバに保存している。ユーザーはオンサイトの共有フォルダに保存されたファイルを使って作業する。オフサイトでファイルを扱う必要があるときは、そのファイルのコピーを保存する。ファイルがどのフォルダに保存されているのか分からない場合、検索には長い時間がかかる。いずれの組織も2年以上前から「G Suite」を利用している。

 いずれの組織も現在、Googleが2017年にローンチした2つの機能(「Team Drives」と「Google Drive File Stream」)を使って、ファイルをオンサイトサーバから「Google Drive」に移動することを計画している。

 2017年3月にローンチされたTeam Drivesは、ドキュメントの所有権とアクセスを簡素化する。個人ではなく、Team Driveがファイルを「所有」する。グループのメンバーに変更があった場合、それらのファイルへのアクセス権も変更される。Team Drivesの登場前、Google Driveのファイルやフォルダは全て個人のアカウントによって所有されていた。個人の「My Drive」に保存されたファイルやフォルダに関して言えば、それは今でも変わっていない。そして、Team Drivesが登場した今、Team Driveの全てのメンバーは、そのTeam Driveに保存された全てのファイルを扱うことができる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3168文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan