AI・機械学習 新日本監査法人

新日本監査、機械学習で異常仕訳を自動識別--100人体制の新部署が現場に展開

新日本監査法人は、会計の仕訳データから取引パターンを学習して異常仕訳を自動的に識別するアルゴリズムを開発。新設した部署が主導して監査先企業に順次展開していく。

 新日本監査法人は11月6日、会計の仕訳データから取引パターンを学習して異常仕訳を自動的に識別するアルゴリズムを開発したことを発表した。先端技術を監査現場に推進するために新設したDigital Audit推進部が主導して監査先企業に順次展開する。

 異常仕訳は、監査人が一定の仮説に基づいて検索条件を設定して、該当する仕訳を抽出するという手法が使われている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約536文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド
  2. カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る
  3. IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を
  4. エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ
  5. 家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]