PC・モバイル

「Touch Bar」のカスタマイズ--「MacBook Pro」をよりユーザーフレンドリーに

「MacBook Pro」の「Touch Bar」をカスタマイズする方法を紹介する。簡単に実行可能で、「macOS」を一層ユーザーフレンドリーにするのに大きな効果を発揮する。

 新型「MacBook Pro」に賛否両論の側面が1つあったとすれば、それは「Touch Bar」だ。Touch Barはノートブックハードウェアの世界に大変革をもたらすはずだったが、この機能に対する反応はさまざまだった。今だから告白するが、筆者は懐疑的だった。それでも、MacBook Proを購入するとき、筆者はTouch Barを搭載するモデルを選んだ。

 これには、いくつかの理由があった。まず(これは少し浅はかな理由だが)、Touch Barはクールなアイデアに思えた。もっと重要なのは、今では忘れ去られた「Ubuntu」の「Unity HUD」の擬似的な代替品として、Touch Barを使えそうな気がしたことだ。同一条件で比較することはできないが、いずれもデスクトップやアプリケーションを操作するときの効率性を若干高める手段である。

 Touch Barが非常に実用的なツールであるのは、そこに表示する項目をカスタマイズできるからだ。こうしたカスタマイズの一部は、アプリケーションごとに設定できる。それを心に留めておくと、この機能は実際にかなり便利になる。

 本記事では、MacBook ProのTouch Barをカスタマイズする2つの方法を紹介したい。どちらも簡単に実行可能で、「macOS」を一層ユーザーフレンドリーにするのに大きな効果を発揮する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1899文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  2. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan