RDBMS Winテクノロジ株式会社

Cloud DB Doctor:SQL Serverの状況を監視、専門家が定期診断

「Cloud DB Doctor」は、「SQL Server」のリソース情報などをクラウドに蓄積してモニタリングサイトで状況を確認できる。機械学習を活用した異常検知のアラートも提供。専門エンジニアの定期診断も提供される。

Cloud DB Doctorのポイント

  • リソース情報やトランザクションなどをクラウドに蓄積してモニタリング
  • 機械学習を活用して異常検知のアラートも可能
  • 専門エンジニアが定期的に診断して現状の課題などを報告する

Cloud DB Doctorの製品解説

 Winテクノロジの「Cloud DB Doctor」は、企業で稼働する「Microsoft SQL Server」のリソース情報などをモニタリングするとともに専門家が定期的に診断。トラブル発生を未然に防ぐ。SQL Server 2008 SP3以降に対応する。

編集部おすすめの関連記事

 SQL Serverの内部構造を理解した専門エンジニアにより開発されたエージェントがデータベースのリソース情報を「Azure SQL Database」に蓄積し、ブラウザでアセスメント情報やアラート情報を提供する。

 CPU稼働率やメモリ使用率などの基本リソース情報のほかにインデックスやトランザクションなどのSQLリソース情報がグラフで表示される。閾値で判別するアラートや機械学習サービス「Azure Machine Learning」で異常検知した場合のアラートも自動化されている。

 WinテクノロジのSQL Serverエンジニアによるアセスメントでの定期診断サービスも提供される。現状を分析して課題を明確化、改善策もアドバイスする。診断レポートは半年ごとに提供される。

 トラブル防止はもちろん、ミニマムスタート、必要な分だけをクラウドサービスとして利用するなど、柔軟に活用できる。万が一問題が発生しても、継続的に集積された情報から適切なアドバイスを受けることもできる。

Cloud DB Doctorのサービスイメージ(出典:Winテクノロジ)
Cloud DB Doctorのサービスイメージ(出典:Winテクノロジ)
Cloud DB Doctorのまとめ
用途と機能SQL Serverの情報をクラウドに蓄積してモニタリング、専門家による診断でトラブルを未然に防止
特徴企業側でも確認可能なモニタリングサイトを開設、定期診断サービスと合わせて安全な情報活用に役立てられる
税別料金データベースのインスタンスごとに使用するコア数で異なる。1~8コアで年2回の診断レポートが付いて、月額9万9800円。契約は1年単位。9コア以上は8コアごとに月額5000円の追加

「RDBMS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅
  2. 仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム
  3. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  4. Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に
  5. 偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]