ETL EAI/ESB インフォマティカ・ジャパン リアライズ

自動で判断、作業を短時間化--AI搭載のデータ統合ツール3選

データ統合は、複数の部署にある顧客データなどを一定のルールを作って一つに統合し、そのデータをいろいろな分野で活用できるようにする。AIが搭載されるようになり、作業を短時間化できるようになっている。

 人工知能(AI)機能を備えた“データ統合”ツールが増えている。

 データ統合とは、企業内の複数の部署にある顧客データなどを一定のルールを作って一つに統合し、そのデータをいろいろな分野で活用できるようにする作業を指す。

 例えば、複数の部署が同じ取引先から別々に注文を取っており、企業名の表記がカタカナ表記とアルファベット表記のように異なっている場合、各取引先とどの程度の取引がどれくらいの頻度で発生しているか、といったことが分かりにくい。こうした場合、それぞれの部署が持つ取引データに対し、データ統合やクレンジングを実行すれば、正確な数字が把握でき、効果的な営業施策につなげられる。

 各支店が持っているデータの項目が同じ内容を示していながら「商品」「製品」などと異なっていたり、同じ「製品番号」という項目であっても違う通し番号を使っていたりといったケースもある。これらのデータは統一のツールを作って一元化しないと、正確な売り上げなどは把握できない。

 AI機能を備えたデータ統合ツールは、こうしたデータの統合やクレンジングの際に必要になる処理をAIが自動で判断し、短時間で実行するツールだ。項目名などのメタデータや数字表記の桁数のルール、企業名の表記ルールなどを自動で認識、統一する。ここでは、このようなAI機能を備えるツールやサービスを3つ紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1717文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan