暗号化 情報漏えい対策 飛天ジャパン

SecureCore DSE:自動暗号化で人的ミスの情報漏洩を防止する暗号化ソフト

暗号化ソフト「SecureCore DSE」は、対象のファイルをすべて自動的に暗号化する。社外に出したファイルの二次使用を制限でき、外部媒体を個別に管理、制御できる。

SecureCore DSEのポイント

  • 暗号化させたいアプリケーションを設定すれば、自動的に暗号化
  • 暗号化対象ではない形式の拡張子に変更した場合でも暗号化は継承
  • メールにはワンクリックで制御ファイルを生成し、組み込んで送付

SecureCore DSEの製品解説

 飛天ジャパンの「SecureCore DSE」は、バックグラウンドで自動的にファイルを暗号化する。外部媒体の制御機能やデータの二次使用を制御する機能も備えており、社内すべてのPCにインストールすることで、セキュアな社内環境を構築できる。

編集部おすすめの関連記事

 ExcelやPDF、CADなど、社内環境で暗号化させたいアプリケーションを設定すると、社内で利用する該当ファイルはすべて自動的に暗号化される。暗号化するための特別な操作は不要で、暗号化を意識することなく利用できる。対象をすべて暗号化するため、人的ミスも防止することが可能だ。

 ファイルそのものに暗号化制御があるため、暗号化対象ではない形式の拡張子に変更した場合でも暗号化が継承される。したがって、ファイルの内容だけをコピーして持ち出すような内部犯行による情報漏洩も防止することが可能だ。また、暗号化されることで標的型攻撃への対策にもなる。

 ファイルを外部へメール送信する場合は、ワンクリックで制御ファイルを生成し、組み込んで送付することが可能だ。この際、ファイルには読取専用や時間制限、回数制限、複製制限などの制限をかけられるため、受信側での二次漏洩も防止できる。また、外部媒体の制御機能も持っており、Wi-FiやUSB接続機器など漏洩につながる出口となる箇所を個別に管理して漏洩を防止する。

 ワークフロー機能を備えており、暗号化の解除に必要な申請と承認の手続きもスムースに行える。承認ルートの階層や承認者は、管理者が自由に設定できるため、承認のボトルネックも解消可能だ。

SecureCore DSEのまとめ
用途と機能自動暗号化で人的ミスによる情報漏洩を防止できる暗号化ソフト
特徴ファイルを外部へメール送信する場合は、ワンクリックで制御ファイルを生成し、組み込んで送付する。ファイルには読取専用や時間制限、回数制限、複製制限などの制限をかけられる

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan