コミュニケーション

「Skype」の新しいデスクトップアプリ--共同作業やコミュニケーションが向上

新しい「Skype」のデスクトップアプリが米国時間10月30日にリリースされた。プロフェッショナルの共同作業やコミュニケーションを向上するための新機能が搭載されている。

 新しい「Skype」のデスクトップアプリが米国時間10月30日にリリースされた。プロフェッショナルの共同作業やコミュニケーションを向上するための新機能が搭載されている。Microsoftがブログ投稿で発表した

 新たな改良点やアップデートがすべて明らかになった新しいデスクトップ版Skypeにより、ユーザーは、すべてのデバイス間で同じSkypeにアクセスでき、ビジネスでのやりとりに同サービスを使用してチームのコミュニケーションを効率化できる。ビジネスに大きな影響を及ぼす最大の機能に、クラウド共有、各種アドイン、複数の生産性向上ツールが挙げられる。

 今回のリリースで、Skypeはクラウドベースになった。すなわち、アプリによるバッテリ消費を抑え、ファイルを共有しやすくなる。最大300Mバイトのファイルをドラッグアンドドロップ操作で送信でき、ビジネスユーザーは、チームでやりとりしている同じ場所でファイルを共有できるようになっている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約997文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 多機能、シンプル管理、サポート面--管理者の「欲しい」を全部入りにしたストレージとは
  2. 12社のオールフラッシュアレイを徹底比較! 世界のバイヤーが参考にする「AFA製品評価ガイド」公開
  3. IoT、AI、自動化で事業を組み上げよ--製造業のITのための最新テクノロジー完全ガイド
  4. 営業赤字13億円からの黒字回復!老舗企業ゆえに陥った成長鈍化の罠、その脱出劇【事例資料】
  5. 既存のセキュリティ対策は“穴だらけ”─企業の命運は次世代型の防御アプローチにかかっている

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]