PC グループウェア ウェブ会議 ファイル共有 オフィスソフト グーグル

「テレワーク月間」に無料で利用できる“ラウンジ”を提供するグーグルの狙い

「テレワーク月間」である11月にグーグルは働き方改革を支援する3つの施策を進める。その一環として「Googleテレワークラウンジ」を無料で利用できる。

 11月1日からの1カ月は「テレワーク月間」が実施される。総務省や厚生労働省、経済産業省、国土交通省に加えて民間企業でテレワークの普及を目指している。

 グーグルは2014年10月から「Womenwill」プロジェクトを通じて復職応援や働き方改革の実証実験を展開している。同社は10月31日に会見を開き、今回のテレワーク月間での取り組みを説明した。

 今年7月24日に開催したテレワークデイでは、具体的なノウハウやツールの活用方法を紹介したが、今回の「Googleテレワークトライアル」では(1)実際に体験する機会を提供する「テレワーク空間」、(2)テレワーク需要の効果を測定する「テレワーク調査」、(3)普及に向けての活動やセミナーを実施する「テレワーク促進」――という3つのプログラムを進める。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1605文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan