PCソフト

メモリ消費を軽減--“飛躍的進歩”を目指す「Firefox Quantum」の可能性

最新版ウェブブラウザ「Firefox Quantum」の正式版が公開される。「2年の月日を掛けてパフォーマンスを飛躍的に向上させた。2倍の高速化を実現する新エンジンなどを導入した」という。

 最新版ウェブブラウザ「Mozilla Firefox 57」(「Firefox Quantum」)の正式版が11月14日に公開される。

 10月31日に都内で開かれた会見でMozilla Corporationのコアブラウザ担当プロダクト管理ディレクターのJeff Griffiths氏は、「2年の月日を掛けてパフォーマンスを飛躍的に向上させた。(6カ月前と比べて)2倍の高速化を実現する新エンジン、Fluid UIと(プライバシー保護のため)トラッキング保護を導入した」とFirefox Quantumの特徴をアピール。また、今回の訪日理由は同社が「日本を含めたアジア太平洋地域を重視している」(Griffiths氏)からだと説明した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2131文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]