PCソフト

メモリ消費を軽減--“飛躍的進歩”を目指す「Firefox Quantum」の可能性

最新版ウェブブラウザ「Firefox Quantum」の正式版が公開される。「2年の月日を掛けてパフォーマンスを飛躍的に向上させた。2倍の高速化を実現する新エンジンなどを導入した」という。

 最新版ウェブブラウザ「Mozilla Firefox 57」(「Firefox Quantum」)の正式版が11月14日に公開される。

 10月31日に都内で開かれた会見でMozilla Corporationのコアブラウザ担当プロダクト管理ディレクターのJeff Griffiths氏は、「2年の月日を掛けてパフォーマンスを飛躍的に向上させた。(6カ月前と比べて)2倍の高速化を実現する新エンジン、Fluid UIと(プライバシー保護のため)トラッキング保護を導入した」とFirefox Quantumの特徴をアピール。また、今回の訪日理由は同社が「日本を含めたアジア太平洋地域を重視している」(Griffiths氏)からだと説明した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2131文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan