クラウドストレージ クラウドサービス

「Google Drive」の特定フォルダだけをローカルに--「Backup and Sync」を使った同期

「Google Drive」の「Backup and Sync」(バックアップと同期)クライアントは、Google Driveフォルダの一部をローカルマシンと同期するという指定などを可能にする。

 筆者もこの問題に苦しめられたことがある。具体的には、新しい「Google Drive」同期クライアントをインストールした後、それによって、ローカルドライブ上の貴重な容量が圧迫されてしまった。十分な容量のデスクトップやノートPCを使用している場合、これは大した問題ではない。しかし、容量の限られている「MacBook Pro」などを使っている場合、Google Driveが30Gバイト超のデータをローカルドライブと同期することを許可するのは、現実的に難しいかもしれない。特定のフォルダだけをローカルマシンからGoogle Driveに同期する必要がある場合、これが問題になる可能性もある。どうすればこの問題に対処できるのだろうか。

 実は、それは非常に簡単だ。新しいGoogle Driveの「Backup and Sync」(バックアップと同期)クライアントでは、Google Driveフォルダ全体をローカルマシンと同期するのか、Google Driveフォルダの一部をローカルマシンと同期するのか、それとも、Google Driveフォルダをローカルマシンと全く同期しないのかを、インストール中に選択することが可能だ。それを実行した後、特定のフォルダだけをGoogle DriveにバックアップするようにBackup and Syncを設定することができる。さらに素晴らしいことに、Backup and Syncクライアントを利用すれば、同クライアントの機能にデスクトップから簡単にアクセスできる。

 本記事では、ローカルマシン上の貴重なドライブ容量が浪費されないようにGoogle Backup and Syncをセットアップする方法を紹介する。「High Sierra」を搭載する「MacBook Pro」を使って、説明を進める。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1935文字 ログインして続きを読んでください。

「クラウドストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]