クラウドストレージ クラウドサービス

「Google Drive」の特定フォルダだけをローカルに--「Backup and Sync」を使った同期

「Google Drive」の「Backup and Sync」(バックアップと同期)クライアントは、Google Driveフォルダの一部をローカルマシンと同期するという指定などを可能にする。

 筆者もこの問題に苦しめられたことがある。具体的には、新しい「Google Drive」同期クライアントをインストールした後、それによって、ローカルドライブ上の貴重な容量が圧迫されてしまった。十分な容量のデスクトップやノートPCを使用している場合、これは大した問題ではない。しかし、容量の限られている「MacBook Pro」などを使っている場合、Google Driveが30Gバイト超のデータをローカルドライブと同期することを許可するのは、現実的に難しいかもしれない。特定のフォルダだけをローカルマシンからGoogle Driveに同期する必要がある場合、これが問題になる可能性もある。どうすればこの問題に対処できるのだろうか。

 実は、それは非常に簡単だ。新しいGoogle Driveの「Backup and Sync」(バックアップと同期)クライアントでは、Google Driveフォルダ全体をローカルマシンと同期するのか、Google Driveフォルダの一部をローカルマシンと同期するのか、それとも、Google Driveフォルダをローカルマシンと全く同期しないのかを、インストール中に選択することが可能だ。それを実行した後、特定のフォルダだけをGoogle DriveにバックアップするようにBackup and Syncを設定することができる。さらに素晴らしいことに、Backup and Syncクライアントを利用すれば、同クライアントの機能にデスクトップから簡単にアクセスできる。

 本記事では、ローカルマシン上の貴重なドライブ容量が浪費されないようにGoogle Backup and Syncをセットアップする方法を紹介する。「High Sierra」を搭載する「MacBook Pro」を使って、説明を進める。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1935文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?
  3. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]