アクセス管理 NTTテクノクロス

BioPassport:モバイル端末のカメラで手のひら静脈認証--二要素にも対応

生体認証システム「BioPassport」は、モバイル端末のカメラを活用して手のひら静脈で認証する。「パスワード+手のひら静脈」の二要素認証にも対応する。Active Directoryとも連携する。

BioPassportのポイント

  • 他人受入率は0.0003%、本人拒否率は0.1%
  • ソフトをモバイル端末にインストールし、静脈データを登録
  • 「パスワード+手のひら静脈」の二要素認証にも対応

BioPassportの製品解説

 NTTテクノクロスの「BioPassport」は、モバイル端末のカメラで手のひら静脈認証が行える。専用機器の購入やメンテナンスのコストが一切かからない。運用の手間となる物品管理や故障対応も不要。機器の持ち忘れ、持ち歩きの手間、狭い場所で使用する際の煩わしさなども解消できる。

編集部おすすめの関連記事

 手のひら静脈認証を利用する場合、これまでは専用の読取機器が必要となっていた。BioPassportなら、Windowsログオン画面でモバイル端末のカメラに手のひらを写すだけで、手軽に認証できるようになる。

 精度は他人受入率が0.0003%。本人拒否率0.1%で読み取り精度が高く、スムーズに認証できる。手のひら静脈認証はほかの生態認証と比べて、外的要因や経年劣化に強く、再登録の手間がかからない。

 簡単に利用が開始できるのも特徴で、認証ソフトウェアをモバイル端末にインストールし、静脈データを登録するだけで準備が完了。認証ソフトウェアと静脈データはモバイル端末に格納されており、モバイル端末さえあれば、時間や場所を問わず認証できる。

 認証は、左右の手のひらを選択してログオンが可能。手のひら静脈だけでなく、二要素認証として「パスワード+手のひら静脈」にも対応する。そのほか、Active Directory連携に加えて、怪我などで正常に認証できない場合の緊急解除パスワード機能も用意されている。

BioPassportのまとめ
用途と機能モバイル端末のカメラを活用して手のひら静脈で認証
特徴専用機器の購入やメンテナンスのコスト不要。「パスワード+手のひら静脈」の二要素認証にも対応。Active Directoryとも連携可能
税別価格2年間で1アカウントあたり9600円。100アカウントから契約可能。別途初期費用が必要

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  2. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan