モバイル OS OS・ミドルウェア

「iOS 11」でドラッグ&ドロップを使う--ワークフローを改善する3つのヒント

アップルは「iOS 11」で多くの新機能を提供している。最も大きな変更点の1つは、ドラッグ&ドロップが追加されたことだ。ここでは、iOS 11でのワークフローを改善するドラッグ&ドロップの使い方を紹介する。

 Appleは「iOS 11」で多くの新機能を提供している。最も大きな変更点の1つは、ドラッグ&ドロップが追加されたことだ。ドラッグ&ドロップは通常、デスクトップOS用の機能である。

 「iPad」ユーザーはさまざまな方法でドラッグ&ドロップを利用できる。「iPhone」ユーザーはアプリ内でドラッグ&ドロップ機能を利用可能だが、iOS 11はアプリ間でのドラッグ&ドロップを認めていない。iPhone上で開始されたドラッグ&ドロップのアクションは、ユーザーがホームボタンをタップすると無効になる。今回のハウツー記事で説明するように、この制約はiPadには適用されない。本記事では、iOS 11について、以下の3つのヒントを紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1876文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる
  5. AWSが公式解説:メリットを正しく把握!WindowsシステムをAWSに移行するファーストステップ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]