ファイアウォール UTM ゲートウェイセキュリティ

NEEDLEWORK:ファイアウォールなどのポリシーテストの自動化アプライアンス

「NEEDLEWORK」は、ファイウォールやUTMなどのポリシーテストを自動化する。ICMPやTCP、UDPで疎通を確認。失敗したポリシーだけを抽出できる。テストの作業工数を500分の1にまで圧縮できるという。

NEEDLEWORKのポイント

  • FWやUTMなどのポリシーテストを自動化、作業工数を500分の1に
  • ICMPやTCP、UDPで疎通を確認
  • 失敗したポリシーだけを抽出して確認可能

NEEDLEWORKの製品解説

 エーピーコミュニケーションズの「NEEDLEWORK」は、ファイアウォールや統合脅威管理(UTM)アプライアンスなどのゲートウェイ型セキュリティデバイスに関するポリシーテストを自動化できるアプライアンス。1400ポリシーのテストをNEEDLEWORKで自動化した場合、手作業と比べてテストの作業工数をおよそ500分の1にまで圧縮できるという。

編集部おすすめの関連記事

 テスト方式は、ICMPがICMP Echo-Request/Reply、TCPが3ウェイハンドシェイクとFIN、UDPがUDPパケットの往復によってそれぞれ疎通を確認する。環境構築はいたってシンプルで、機器本体と専用の管理コンソール、ファイアウォールを接続すれば、ポリシーテストの準備が完了。ポリシーごとに構成変更をする必要もない。L2スイッチを使うことで冗長構成にも対応する。

 実際のテストに関しても、利便性が追及されている。検証項目(テストシナリオ)をCSVで取り込めば、あとはボタンひとつでポリシーテストがスタート。何千ポリシーでも取り込められ、漏れなく簡単にテストをすることが可能だ。

 大量のテスト項目の中から失敗したポリシーのみを抽出できるフィルタ機能もポイントのひとつ。失敗したテストはどれなのかが一目で分かるだけでなく、CSVでの出力が可能なので作業エビデンスとしても活用できる。

NEEDLEWORKのまとめ
用途と機能ファイアウォールやUTMなどのポリシーテストを自動化するアプライアンス
特徴ICMPやTCP、UDPで疎通確認。失敗したポリシーだけを抽出できる。手作業と比べて、テストの作業工数をおよそ500分の1にまで圧縮

「ファイアウォール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]