ファイアウォール UTM ゲートウェイセキュリティ

NEEDLEWORK:ファイアウォールなどのポリシーテストの自動化アプライアンス

「NEEDLEWORK」は、ファイウォールやUTMなどのポリシーテストを自動化する。ICMPやTCP、UDPで疎通を確認。失敗したポリシーだけを抽出できる。テストの作業工数を500分の1にまで圧縮できるという。

NEEDLEWORKのポイント

  • FWやUTMなどのポリシーテストを自動化、作業工数を500分の1に
  • ICMPやTCP、UDPで疎通を確認
  • 失敗したポリシーだけを抽出して確認可能

NEEDLEWORKの製品解説

 エーピーコミュニケーションズの「NEEDLEWORK」は、ファイアウォールや統合脅威管理(UTM)アプライアンスなどのゲートウェイ型セキュリティデバイスに関するポリシーテストを自動化できるアプライアンス。1400ポリシーのテストをNEEDLEWORKで自動化した場合、手作業と比べてテストの作業工数をおよそ500分の1にまで圧縮できるという。

編集部おすすめの関連記事

 テスト方式は、ICMPがICMP Echo-Request/Reply、TCPが3ウェイハンドシェイクとFIN、UDPがUDPパケットの往復によってそれぞれ疎通を確認する。環境構築はいたってシンプルで、機器本体と専用の管理コンソール、ファイアウォールを接続すれば、ポリシーテストの準備が完了。ポリシーごとに構成変更をする必要もない。L2スイッチを使うことで冗長構成にも対応する。

 実際のテストに関しても、利便性が追及されている。検証項目(テストシナリオ)をCSVで取り込めば、あとはボタンひとつでポリシーテストがスタート。何千ポリシーでも取り込められ、漏れなく簡単にテストをすることが可能だ。

 大量のテスト項目の中から失敗したポリシーのみを抽出できるフィルタ機能もポイントのひとつ。失敗したテストはどれなのかが一目で分かるだけでなく、CSVでの出力が可能なので作業エビデンスとしても活用できる。

NEEDLEWORKのまとめ
用途と機能ファイアウォールやUTMなどのポリシーテストを自動化するアプライアンス
特徴ICMPやTCP、UDPで疎通確認。失敗したポリシーだけを抽出できる。手作業と比べて、テストの作業工数をおよそ500分の1にまで圧縮

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]