OS OS・ミドルウェア Windows

「Windows 10 Fall Creators Update」まとめ--数ある新機能と変更点をチェック

「Windows 10 Fall Creators Update」の提供が米国時間10月17日より開始された。今回のアップデートでの注目すべき新機能や変更点を紹介する。

 「Windows 10」の4回目のメジャーアップデートがリリースされた。今回のアップデートでもWindowsデスクトップに大小の新機能が提供されることになる。

 「Windows 10 Fall Creators Update」は、米国時間10月17日にロールアウトが開始された無料のアップデートだ。主な改善点としては、Windows 10によるクラウドストレージの扱い方の変更、友人や家族との共有の簡易化、セキュリティの強化、バッテリ持続時間の向上、より直観的になったOSとアプリのデザインなどがある。

 しかし、過去のアップデートと同様、表面的な変更が多いため、大幅な進化を期待してはいけない。

基本情報

 どうすれば入手できるのか:17日に段階的なロールアウトが開始されたため、自分のPCに配信されるのを待てばいい。また、別の方法で早めに入手することも可能だ。

 何が含まれるのか:さまざまな改善点があり、特に注目すべきは合理化されたクラウドストレージ、新しいソーシャルハブ、企業向けのセキュリティ強化などだ。

 搭載されなかった機能はあるのか:残念ながら、中断したところから作業を再開できる「Timeline」機能や、デバイスをまたいで利用できるクラウドクリップボードなど、いくつかの非常に興味深い機能の搭載が見送られた。

 このアップデートをブロックすることは可能か:ブロックはできないが、アップデートをずっと先まで遅らせる方法はある。

 自分のコンピュータで動作するのか:Windows 10を実行できるコンピュータであれば、おそらくFall Creators Updateも利用できるはずだ。ただし、VRやARに対応する一部の機能を利用したければ、ある程度強力なグラフィックスカードが必要になるだろう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約8172文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]