開発支援 ベリサーブ

TESTRUCTURE:設計プロセスを可視化できるテスト分析/設計支援基盤

テスト分析/設計プラットフォーム「TESTRUCTURE」はテスト設計プロセスを可視化、ノウハウとして蓄積する。機能やテスト観点の階層的な整理によりプロセスを標準化可能。テスト項目やテストケースを自動生成する。

TESTRUCTUREのポイント

  • 汎用的に利用される機能やテスト観点をノウハウとして可視化、蓄積
  • テスト対象の機能とテスト観点は、階層的に整理して構造化
  • テスト項目、テストケースを自動生成

TESTRUCTUREの製品解説

 ベリサーブの「TESTRUCTURE」は、高品質なテスト分析/設計のためのプラットフォームだ。テスト分析に重点を置きつつ、テスト設計工程全体に対応している点が特徴だ。

編集部おすすめの関連記事

 証跡や関連性といったトレーサビリティを確保しながらテスト設計作業を支援する特許技術に基づいており、従来は設計者の経験やノウハウに依存し、ブラックボックス化するところが大きかったテスト設計のプロセスを可視化し、容易にレビューできるため、標準化や再利用による品質の向上を図る。

 テスト設計時の作業プロセスや中間成果物のフレームがあらかじめ提供され、汎用的に利用される機能やテスト観点をノウハウとして可視化でき、目に見える形で蓄積できる。

 可視化は、開発仕様書の記載内容をエンジニアが分析した結果をテストベース上に色付け(タグ付け)することで行える。タグ情報は自動的に他画面にも反映される。テスト対象の機能とテスト観点は、提供されるテンプレートを利用して階層的に整理することで構造化できる。整理した結果は他のプロジェクトのテンプレートとして再利用することもできる。

 テスト項目は、テスト対象の機能に対してテストすべき観点を対応させることで、自動的に表形式で作成され、テスト項目に対する文字列も自動生成される。テスト項目に対して条件の組み合わせを指定することで、テストケースの自動生成も可能だ。

 All-pair法をサポートするため、組み合わせ数は抑制できる。また、新旧の差分を比較して変化点を自動的に抽出し、テスト項目やテストケースの該当項目を強調表示する機能も備えており、開発仕様書が変更になった場合でも対応可能だ。

TESTRUCTUREのまとめ
用途と機能設計プロセスを可視化できるテスト分析/設計支援プラットフォーム
特徴テスト設計プロセスを可視化、ノウハウとして蓄積してプロセスを標準化する。テスト項目やテストケースの自動生成機能も可能
税別価格24万円(PC1台、1ライセンス)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドって本当は高いんですか?!安いんですか!?AWSが提案する「コスト最適化」アプローチ
  2. なぜ貴社にはまだオンプレミスが残っているのか?ビジネス全体をクラウドへ安全に移行するための7つのカギ
  3. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  4. アプリ管理、デバイス管理、セキュリティ対策……忙しすぎる情シス向け「これだけはやっとけ」リスト
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]