IoT TIS

MONOweb:製造業の現場をセンサで状況把握、業務システムと連携するIoT基盤

製造業向けIoTプラットフォーム「MONOweb」は、生産現場の機械や設備にセンサを取り付け、業務システムをつなぐ。設備の異常を早期に発見、稼働状況を確認する。

MONOwebのポイント

  • 機械や設備のセンサでの監視から業務システムとの連携までをカバー
  • 設備にセンサを取り付け、異常発生時の変調を可視化
  • 集められたデータを可視化してダッシュボード形式で表示

MONOwebの製品解説

 TISの「MONOweb」は、製造業の生産機械や生産設備などの現場のシステムと生産や経営などの業務システムをつなぐ、IoT実現のためのプラットフォームだ。製造業の現場での課題の可視化や事前の不具合検知がスピーディかつ安価に実現。設備異常の早期発見や設備稼働状況確認コストの削減といった課題解決につなげられる。

編集部おすすめの関連記事

 IoTを活用したデータを収集、蓄積、分析する5つのメニューで構成されている。

 「MONOweb Factory+」は、生産設備機械や生産設備のセンサデータによる稼働監視から、生産システムと経営システムの連携まで、工場に関するシステムに必要な機能を顧客の状況にあわせて構築するサービス。エッジコンピューティングでのデータの収集、蓄積から、センサデータと既存の業務システムとの連携まで、3つのステージにあわせたモデルから選択できる。

 「MONOweb Sensor+」は、センサ群の実装に特化したサービス。配線や電池が不要な「EnOcean」対応のセンサを工場設備に取り付け、IoTゲートウェイ経由で情報を蓄積し、異常発生時の変調を可視化するためのクラウドサービスを提供する。

 「MONOweb Device+」は、IoTゲートウェイで管理しているソフトウェアや設計工程の成果物、業務改善のためのデータ連携を支援するもの。

 IoTエージェントを組み込んだエッジの機器内のソフトウェアを管理し、リモートでソフトウェアなどの更新を可能にする「ファームウェア配信サービス」、オンプレミス上にある設計画面をモバイル端末とセキュアに同期し、オンラインやオフラインのモバイル端末内で設計画面を参照できるようにする「設計図面管理」、デバイスと既に構築されているデータベースで直接双方向のデータ連携を可能にする「IoT SDK」が含まれる。

 「MONOweb Find+」は、エッジコンピューティングで収集したデータを簡単で理解しやすいユーザーインターフェース(UI)で可視化するサービス。収集したデータをダッシュボード形式で提供する。

 「MONOweb Work+」は、製造業の現場に加えて、生産システムや経営システムと連携するさまざまな業務の無駄を削減するサービス。まだIT化されていない定型業務を自動化するためのロボティックプロセスオートメーション(Robotic Process Automation:RPA)ツールなどを提供する。


MONOwebのカバー範囲(出典:TIS)
MONOwebのまとめ
用途と機能製造業の現場をセンサを取り付け、状況を把握できるIoTプラットフォーム
特徴センサでの稼働監視から経営システムとの連携までを顧客の要望にあわせて構築。センサ群の実装に特化したサービスや収集されたデータを可視化するサービスなどを利用できる

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  2. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  3. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan