クラウドストレージ クラウド

「Google Drive」で文書を公開--広く一般と共有するには

「Google Drive」にあるドキュメントを配布することを目的に一般ユーザーと共有する方法を解説する。

 「Google Drive」は、適切な状況下で非常に便利な機能を提供する。具体的には、誰もが閲覧できる特定の文書をGoogle内から共有できる機能のことだ。おそらく、読者も誰かがこの機能を実際に使用するのを見たことがあるはずだ。一般ユーザーとの共有機能は、ある種のドキュメンテーションを配布するときにとても便利である。Google Driveを通しての文書共有が検索エンジンから発見可能になれば、利便性はさらに向上する。

 「文書を見てもらいたい特定の人々とだけ共有することが可能なのに、なぜ文書を一般公開する必要があるのか」と不思議に思っている人もいるかもしれない。

 その答えは簡単だ。広範に配布したい非機密ドキュメンテーションがあるとき、その文書をGoogle Drive経由で個々のユーザーやグループと手動で共有する方法だと、極めて長い時間がかかることがある。文書を閲覧または編集したいユーザーが新たに現れるたびに、そのユーザーとその文書を共有しなければならない。これは効率的な情報配布手段ではない。そこで一般公開機能の出番だ。

 これには注意事項が2つある。一般公開した文書は検索エンジンを通して利用可能だが、ユーザーが一般公開文書にアクセスする最善の方法は、リンクを使うことだ。したがって、文書のリンクを共有する必要がある。もちろん、そのリンクを知っている人も、そのリンクを配布して、文書について広く知らせることに貢献できる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1647文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  2. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  3. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan