開発支援 システムエグゼ

テストエース:本番同等のテストデータを自動作成するテストデータ作成ツール

テストデータ作成ツール「テストエース」は、本番環境を解析し、個人情報などを疑似データに変換することで、本番同等のテストデータを作成。変換後もテーブル間の関連性や一意性制約は維持される。

テストエースのポイント

  • 本番環境を解析してテストデータを自動作成、機密情報は自動的に変換
  • 変換後もテーブル間の関連性や一意性制約を維持
  • 本番データがない新規環境でもテストデータ生成が可能

テストエースの製品解説

 システムエグゼの「テストエース」は、本番環境のデータを利用し、個人情報などの機密情報を疑似データに置き換え、本番と同等かつ安全なテストデータを自動的に作成する。個人情報漏洩を防止し、テストデータ作成時のコストを削減、システムテストの品質向上を図ることができる。

編集部おすすめの関連記事

 本番環境のデータベースからデータを抽出し、変換後にデータを開発環境に送ったり、CSVなどのファイルとして出力したりすることが可能だ。変換の際にはデータを解析し、自動的に個人情報項目を特定、最適な変換方式が提案される。

 値や日付をランダムに書き換えたり、名前の1文字を入れ替えたり、任意の文字を「*」に置き換えたりするなどの変換が可能だ。データ変換後もテーブル間の関連性や一意性制約が維持されるため、本番環境に酷似したリアルなテストデータを作成できる。

 データベースの構成情報を解析し、氏名や住所などのデータを自動的に生成する機能も備えており、新規システム開発時など、本番環境のデータがない場合でもテストデータを作成することができる。

 GUIのほか、コマンドやシェルスクリプトによるアプリケーション実行が可能なCUIも搭載する。ETLツールと連携して、指定の日時にテストデータを自動生成するなどさまざまな自動化も可能だ。

 変換対象のデータベースは、Oracle Database、Microsoft SQL Server、PostgreSQL、FUJITSU Software Enterprise Postgres、FUJITSU Software Symfoware Serverなどとなっている。

テストエースのまとめ
用途と機能本番環境を解析し、本番同等のテストデータを作成できるテストデータ作成ツール
特徴個人情報などの機密データを自動的に疑似データに変換し、本番同等の安全なテストデータを作成。新規環境など本番データがなくてもテストデータの生成が可能。変換後もテーブル間の関連性や一意性制約は維持される。さまざまに自動化できるCUIも搭載
税別価格ソフトウェアライセンス:120万円より
期間ライセンス:48万円より
導入企業ほけんの窓口グループ、楽天生命保険、阪神高速技研など

「開発支援」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]