開発支援 システムエグゼ

テストエース:本番同等のテストデータを自動作成するテストデータ作成ツール

テストデータ作成ツール「テストエース」は、本番環境を解析し、個人情報などを疑似データに変換することで、本番同等のテストデータを作成。変換後もテーブル間の関連性や一意性制約は維持される。

テストエースのポイント

  • 本番環境を解析してテストデータを自動作成、機密情報は自動的に変換
  • 変換後もテーブル間の関連性や一意性制約を維持
  • 本番データがない新規環境でもテストデータ生成が可能

テストエースの製品解説

 システムエグゼの「テストエース」は、本番環境のデータを利用し、個人情報などの機密情報を疑似データに置き換え、本番と同等かつ安全なテストデータを自動的に作成する。個人情報漏洩を防止し、テストデータ作成時のコストを削減、システムテストの品質向上を図ることができる。

編集部おすすめの関連記事

 本番環境のデータベースからデータを抽出し、変換後にデータを開発環境に送ったり、CSVなどのファイルとして出力したりすることが可能だ。変換の際にはデータを解析し、自動的に個人情報項目を特定、最適な変換方式が提案される。

 値や日付をランダムに書き換えたり、名前の1文字を入れ替えたり、任意の文字を「*」に置き換えたりするなどの変換が可能だ。データ変換後もテーブル間の関連性や一意性制約が維持されるため、本番環境に酷似したリアルなテストデータを作成できる。

 データベースの構成情報を解析し、氏名や住所などのデータを自動的に生成する機能も備えており、新規システム開発時など、本番環境のデータがない場合でもテストデータを作成することができる。

 GUIのほか、コマンドやシェルスクリプトによるアプリケーション実行が可能なCUIも搭載する。ETLツールと連携して、指定の日時にテストデータを自動生成するなどさまざまな自動化も可能だ。

 変換対象のデータベースは、Oracle Database、Microsoft SQL Server、PostgreSQL、FUJITSU Software Enterprise Postgres、FUJITSU Software Symfoware Serverなどとなっている。

テストエースのまとめ
用途と機能本番環境を解析し、本番同等のテストデータを作成できるテストデータ作成ツール
特徴個人情報などの機密データを自動的に疑似データに変換し、本番同等の安全なテストデータを作成。新規環境など本番データがなくてもテストデータの生成が可能。変換後もテーブル間の関連性や一意性制約は維持される。さまざまに自動化できるCUIも搭載
税別価格ソフトウェアライセンス:120万円より
期間ライセンス:48万円より
導入企業ほけんの窓口グループ、楽天生命保険、阪神高速技研など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  2. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  3. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 時事通信が構内PHSをスマートフォンに全面刷新--利便性とコスト対策を同時に実現、カギはクラウド化

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan