IoT 三井情報

MKI IoT基盤:ルータやエッジコンピューティングなどを集約したIoT基盤

「MKI IoT基盤」は、ルータやエッジコンピューティングなどの機能をワンボックス化した「MKI Intelligent Gateway」にIoT通信ネットワークとクラウドを組み合わせた。

MKI IoT基盤のポイント

  • ルータやエッジコンピューティングなどを集約
  • サービス導入までの期間を短縮、製品故障率を低減
  • Azureを使用しているため容易にスケールを増減

MKI IoT基盤の製品解説

 三井情報の「MKI IoT基盤」は、ルータやエッジコンピューティングなどの機能をワンボックス化した「MKI Intelligent Gateway」を含むIoT基盤だ。

編集部おすすめの関連記事

 同社ではこれまで、対象設備の空調を自動的に見える化・制御し、快適な環境を保つクラウド型の省エネルギーマネジメントサービス「GeM2」を提供してきた。従来のサービス基盤では導入拠点とセンサ側の機能が、ルータやエッジコンピューティング、センサ親機という3つのハードウェアに分かれていた。

 そこで導入と運用側の利便性や効率性向上を目指し、これらの機能をひとつにまとめたのがIntelligent Gatewayだ。これにより、サービス導入までの期間短縮と製品故障率の低減を可能としている。

 このIntelligent Gatewayに加えて、ネットワークにIoT通信ネットワーク、クラウドに「Microsoft Azure」を採用したのが「MKI IoT基盤」である。Azureを使用しているため、容易にスケール増減ができ、スモールスタートからの順次拡張も可能となっている。

IoT基盤の全体図(出典:MKI)
IoT基盤の全体図(出典:MKI)
MKI IoT基盤のまとめ
用途と機能ルータやエッジコンピューティングなどの機能を集約したIoT基盤
特徴Azureを使用しているため、容易にスケール増減ができ、スモールスタートからの順次拡張も可能

ホワイトペーパーランキング

  1. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  2. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  3. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 時事通信が構内PHSをスマートフォンに全面刷新--利便性とコスト対策を同時に実現、カギはクラウド化

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan