コンテナ レッドハット

ソフトバンク、コンテナとDevOpsで2週間に1回のデプロイを118回に

ソフトバンクはDevOps手法とコンテナ技術を活用して、2週間に1回だったデプロイ回数を118回に増加させた。DevOpsで開発を進めるチームを1から6に拡大させている。

 ソフトバンクは現在、国内で構築したシステムを海外でもそのまま使える“グローバルITプラットフォーム”構想を掲げており、2018年度までに国外のグループ会社でもITプラットフォームの構築を目指している。

 コストを半分にして生産性を2倍にする「Half & Twice」というスローガンも掲げて、開発スピード向上を目指して数年前から取り組んでいるが、グローバル標準の手法と技術の導入と生産効率向上の両側面から現在のウォーターフォール開発では時間の短縮に限界があると感じていた。そのため、同社はDevOpsの活用に効果があると考え、具体的な導入の検討を開始した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1018文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  2. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  3. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan