VR・AR

ゲーム内のVR広告、7割が記憶--特にプリロールビデオは効果的

YuMeは、ゲームと共に提供される仮想現実(VR)広告の消費者に対する効果を調査し、その結果を発表した。

 YuMeは、ゲームと共に提供される仮想現実(VR)広告の消費者に対する効果を調査し、その結果を発表した。それによると、VR広告は記憶に残りやすく、70%の人が何らかのヒントを与えられるとブランドを思い出せたという。

 この調査では、ゲーム本編前に広告ビデオを再生するプリロールビデオ広告、ゲーム内でブランドのロゴを表示するバナー広告、インタラクティブなゲームプレイにブランドを3Dオブジェクトとして挿入する広告、という3種類の広告について効果を調べた。

 広告を見たその日のうちに何らかのヒントでブランドが思い出せるかどうか(助成想起するかどうか)を確認したところ、全体として70%の人が広告されていたブランドを思い出せた。広告種類別で助成想起した割合は、プリロールビデオ広告が90%、バナー広告が67%、3Dインタラクティブ広告が50%あった。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  2. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  3. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan