VR・AR

ゲーム内のVR広告、7割が記憶--特にプリロールビデオは効果的

YuMeは、ゲームと共に提供される仮想現実(VR)広告の消費者に対する効果を調査し、その結果を発表した。

 YuMeは、ゲームと共に提供される仮想現実(VR)広告の消費者に対する効果を調査し、その結果を発表した。それによると、VR広告は記憶に残りやすく、70%の人が何らかのヒントを与えられるとブランドを思い出せたという。

 この調査では、ゲーム本編前に広告ビデオを再生するプリロールビデオ広告、ゲーム内でブランドのロゴを表示するバナー広告、インタラクティブなゲームプレイにブランドを3Dオブジェクトとして挿入する広告、という3種類の広告について効果を調べた。

 広告を見たその日のうちに何らかのヒントでブランドが思い出せるかどうか(助成想起するかどうか)を確認したところ、全体として70%の人が広告されていたブランドを思い出せた。広告種類別で助成想起した割合は、プリロールビデオ広告が90%、バナー広告が67%、3Dインタラクティブ広告が50%あった。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

「VR・AR」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]