VR・AR

ゲーム内のVR広告、7割が記憶--特にプリロールビデオは効果的

YuMeは、ゲームと共に提供される仮想現実(VR)広告の消費者に対する効果を調査し、その結果を発表した。

 YuMeは、ゲームと共に提供される仮想現実(VR)広告の消費者に対する効果を調査し、その結果を発表した。それによると、VR広告は記憶に残りやすく、70%の人が何らかのヒントを与えられるとブランドを思い出せたという。

 この調査では、ゲーム本編前に広告ビデオを再生するプリロールビデオ広告、ゲーム内でブランドのロゴを表示するバナー広告、インタラクティブなゲームプレイにブランドを3Dオブジェクトとして挿入する広告、という3種類の広告について効果を調べた。

 広告を見たその日のうちに何らかのヒントでブランドが思い出せるかどうか(助成想起するかどうか)を確認したところ、全体として70%の人が広告されていたブランドを思い出せた。広告種類別で助成想起した割合は、プリロールビデオ広告が90%、バナー広告が67%、3Dインタラクティブ広告が50%あった。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]