セキュリティ

中小企業のセキュリティ対策--限られたリソースで攻撃に備えるヒント

近年は中堅中小企業に対するサイバー攻撃が増加しており、甚大な被害が発生している。予算が限られた小規模企業でも効果的なセキュリティ対策を実施するためのヒントを紹介する。

 コンピュータの修理やデータの復元を手がける企業でもハッキングされるのだから、皆さんの会社もハッキングされる可能性がある。

 ニューヨークに拠点を置くLaptopMD.comがサイバー攻撃の被害に遭った。誰もメンテナンスしていなかった旧バージョンの「WordPress」の脆弱性を悪用した攻撃だ。

 「サーバ全体が瞬く間にマルウェアだらけになり、駆除ツールでも問題を解決できなかった。ホスティングプロバイダーから簡単な修正方法が提示されたが効果はなく、プロバイダーは当社のアカウント全体を隔離し、最終的には削除してしまった」。現在は姉妹企業Computer Repair DoctorのオーナーとなっているMatt Ham氏は、このように振り返える。

 「あれは、アップデートを怠れば重大な問題が起きるという典型的な例だった。すべての製品、サイト、アプリなどを、使用していないものも含めてアップデートすることの重要性を再認識した」(Ham氏)

 もう1つ、この攻撃から改めて気付かされることがある。メディアの注目を集めるサイバーセキュリティ侵害は、TargetソニーHeartland Payment Systemsといった大組織でのインシデントがほとんどだが、悪意あるハッカーは小規模企業にも狙いを定めているということだ。

 次のデータについて考えてみてほしい。すべての攻撃のうち小規模企業に対するハッキングは、2011年には20%以下だったが、今ではその割合が50%に迫っている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2998文字 ログインして続きを読んでください。

「セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]