コンバージド・ハイパーコンバージド

ハイパーコンバージド動向解説:アプライアンス型が主流、価格がネックに

仮想化ソフトと共有ストレージに運用管理ツールなどを組み込んだ“ハイパーコンバージドインフラ”が普及しつつある。その動向を分かりやすく解説する。

 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、サーバ仮想化機能とソフトウェア定義ストレージ(SDS)、統合管理ツールなどを汎用のIAサーバにオールインワンで搭載する製品だ。外部ストレージ装置は使用せずに、クラスタ構成にした各サーバが内蔵するハードディスクドライブ(HDD)やソリッドステートドライブ(SSD)を単一の共有ストレージプールとして使う。

 HCIは、プライベートクラウドやソフトウェア定義データセンターに必要な機能を構成済みの製品として提供されるため、ユーザー企業はシステムを迅速に導入して運用できる。処理性能やストレージ容量が不足した際にも、サーバやストレージを追加するスケールアウトで対応できる。

海外ベンダーが国内ベンダーよりもやや優勢

 HCIで使われている主な仮想化ソフトには、「VMware vSphere」、Microsoftの「Hyper-V」、Nutanixの「Acropolis Hypervisor(AHV)」(オープンソースソフトの「KVM」を独自にカスタマイズしたソフト)などがある。NutanixやDell、Hewlett-Packard Enterprise(HPE)、Cisco Systemsなどは自社のハードウェアにこうした仮想化ソフトを搭載したアプライアンス製品を販売。NEC、富士通、日立製作所などは仮想化ソフトを他社のIAサーバに組み込んだ構成済み製品としてHCIを販売している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1622文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]