IaaS 鈴与シンワート

S-Port Cloud EVA:さまざまな組み合わせで利用できるIaaS--料金は定額制

IaaS「S-Port Cloud EVA」は、12種類の仮想サーバ、4種類のOS、15種類のストレージを組み合わせて利用できる。ブロックストレージの容量は50G~2TバイトでIOPSは500~1万。オブジェクトストレージの容量は無制限。

S-Port Cloud EVAのポイント

  • 12種類の仮想サーバ、4種類のOS、15種類のストレージを組み合わせ
  • オブジェクトストレージの容量は無制限
  • 月間のサーバ稼働率は99.99%以上を確保

S-Port Cloud EVAの製品解説

 鈴与シンワートの「S-Port Cloud EVA」は、税別月額2500円から利用できる国産IaaS。最小構成から使い始め、必要に応じて後から拡張できるため、運用コストを最小限に抑えられる。リソース管理から料金の確認まで、クリック操作で直感的に使えるウェブブラウザベースのユーザーインターフェース(UI)を採用するなど、コントロールパネルの利便性も十分に考慮されている。

編集部おすすめの関連記事

 月間のサーバ稼働率は99.99%以上を確保。それぞれが10Gを超える複数APS経路の確保に加え、震度6強の地震にも耐える耐震免震構造、可用性の高いネットワーク、無停止バックアップ、充実したセキュリティソリューションなども強みとなっている。

 プランに関しては、12種類の仮想サーバ、4種類のOS、15種類のストレージを組み合わせることで、全720通りもの多彩なプランが選べるようになっている。

 OSテンプレートを選択するとサーバ作成と同時にOSのインストールが完了する。用意されているOSはLinux系がCentOS、Ubuntu、Debian、Windows系がWindows Server 2008 R2 Datacenter Edition/2012 R2 Datacenter Edition。SQL Server 2008 Standard Edition/2012 Standard Edition/2014 Standard Editionも活用できる。

 ブロックストレージの容量は50Gバイトから2TバイトまででIOPSは500~1万。オブジェクトストレージの容量は無制限。

 そのほか、自動フェイルオーバー(HA機能)やセキュリティグループ機能、フラッシュストレージ、インターネット接続なども標準装備する。

S-Port Cloud EVAのまとめ
用途と機能12種類の仮想サーバ、4種類のOS、15種類のストレージを組み合わせて利用できるIaaS
特徴全720通りのプランから選択可能。月間のサーバ稼働率は99.99%以上を確保。それぞれが10Gを超える複数APS経路の確保に加え、震度6強の地震にも耐える耐震免震構造
税別価格月額2500円~

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]