コミュニケーション NTT東日本

家でも職場とリアルタイムに--NTT東、在宅勤務の悩みに“分身ロボット”活用

“働き方改革”を進めているNTT東日本は、在宅勤務の回数制限を撤廃。在宅勤務での課題となっていた疎外感や孤独感、急なミューティングに参加できないなどの悩み解消策として“分身ロボット”を活用している。

 NTT東日本は2014年7月からグループの従業員約3万人を対象にした取り組み「働き方改革(Value Working)」を進めている。この取り組みは、生産性向上とワークライフバランス実現を狙っている。取り組みの一環として同社は総務人事部長直轄の組織として「ダイバーシティ推進室」を設置している。

 Value Workingでは、(1)勤務時間の効率的な活用と柔軟な働き方の推進、(2)目的意識と集中力を高めるメリハリのある働き方、(3)仕事への意欲と活力を高める積極的な休暇取得の推進“ポジティブオフ”――などを柱にしている。

 (1)ではモバイルワークや在宅勤務を推進、(2)では時間外労働の夜型から朝型への移行、午後8時以降の残業を原則禁止、(3)のポジティブオフでは誕生日や結婚記念日などの年休取得、連続した5日間以上の休暇取得を奨励している。

 この取り組みでは、制度とその運用も見直している。勤務時間制度の見直しでは、フレックスタイム制の適用拡大、1年単位の変形労働時間制導入などを進めた。休暇休職制度も見直した。育児や介護などで個人単位のシフト勤務やライフプラン休暇を時間単位で取得する制度を導入している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1208文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]