オフィスソフト

「Excel」で避けるべき行為--正しいようで実はよくない使い方

「Excel」をマスターするには、ある程度の経験と忍耐が必要だ。だが、Excelを長く利用している人でも、ミスをすることは多い。この記事では、Excelを使う際、よいアイデアのように見えながら、実はやめておいた方がよい10の行為を紹介する。

 「Excel」をマスターするには、ある程度の経験と忍耐が必要だ。だが、Excelを長く利用している人でも、ミスをすることは多い。ときによっては、素晴らしいアイデアに思えた選択がそうではないことがわかり、解決の難しい問題が起こってしまうことがある。この記事では、よいアイデアのように見えながら、実はやめておいた方がよい10の行為を紹介しよう。

 筆者は、64ビット版の「Windows 10」で「Excel 2016」を使用している。デモファイルは必要がないと思われるので、用意していない。

1:複数のリンクを利用する

 あるブックから別のブックにリンクを張ることは、よく行われているし、何かと便利だ。だが、ブック1の値をブック2の値にリンクし、さらにその値をブック3にリンクするといったように、複数のリンクを設定すると、管理が難しくなり、動作が不安定になる。また、ユーザーがファイルを閉じ忘れたり、場合によってはファイルを移動してしまったりすることがある。互いにリンクが張られた複数のブックを利用しているのが1人のユーザーなら、問題は起きないかもしれない。だが、別のユーザーがそれらのファイルを見たり編集したりすれば、自ら問題を招くことになる。それほど多くのリンクが必要なら、新しい構成を考えた方がいいだろう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3199文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  2. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan