IoT SCSK

PrimeDashBoard:センサデータをリアルタイムに可視化する製造業向けIoT

IoTの仕組みを活用した「PrimeDashBoard」はセンサなどのデータをリアルタイムに可視化する。生産や設備の状況を把握できる。後追い対応などでのロスを削減可能。関係者で情報を共有できることから経営品質の向上に貢献できるという。

PrimeDashBoardのポイント

  • センサなどのデータをリアルタイムに収集して可視化、分析
  • データベース化し、一元的に情報を蓄積、管理
  • 製造拠点内や納品先の設備稼働状況などのニーズに対応可能

PrimeDashBoardの製品解説

 SCSKの「PrimeDashBoard」は、製造業の現場情報を可視化する。多種多様な現場データを収集し、現場の生産・品質状況や設備稼働状況をリアルタイムに可視化し、現場業務の効率化や高度化を狙う。オンプレミス型とパブリッククラウドサービス型の2種類が提供される。

編集部おすすめの関連記事

 センサなどのデータを他システムや設備に接続された、機械制御に利用されるコントローラから収集してデータベース化し、一元的に情報を蓄積、管理する。これにより、現場状況をタイムリーに把握でき、後追い業務対応などによるロスを削減できる。また、広範囲の関係者で容易に一元的に情報を共有できるため、適格な意思決定による経営品質の向上につなげられる。

 製造拠点内や納品先の設備稼働状況など、製造業のさまざまな可視化ニーズに応える仕組みを提供する。顧客の要望に応えて段階的に拡張することも可能で、利用現場の細かな要求に応えることができる。小規模でのクイックスタートにも対応する。

 コントローラやデータ連携システムからの「データ収集」、製造現場データベースによる「データ蓄積・管理」と「データ可視化・分析」から構成される階層型アーキテクチャを採用。それぞれが役割を分担、連携して、生産管理や品質管理や設備稼働などのさまざまなデータの種別や量、発生頻度に対応、リアルタイムデータと長期保管データなどの蓄積や管理の取り扱いなど現場業務で活用できる可視化の仕組みを提供する。

PrimeDashBoardのまとめ
用途と機能現場情報をリアルタイムに可視化する製造業向けIoTソリューション
特徴コントローラから収集したデータを可視化、一元的な情報蓄積と管理を行える。階層型アーキテクチャを採用、現場の細かな要求に応える柔軟なシステム構成が可能
税別価格オンプレミス型:500万円~
サービス利用型:月額30万円~

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]