セキュリティ メール メールセキュリティ

グーグル「Advanced Protection Program」--「Gmail」アカウントをフィッシングから守る保護機能

グーグル「Advanced Protection Program」--「Gmail」アカウントをフィッシングから守る保護機能

 Googleは米国時間10月17日、同社が提供する最も強固なセキュリティ対策となる「Advanced Protection Program」をリリースした。ビジネスリーダーや選挙活動チーム、ジャーナリストなど、標的型攻撃のリスクが高いユーザーのアカウントを保護する狙いがある。

 Googleは、少数の特別なグループのユーザーを対象に製品を何度かを提供してきたが、今回の動きもその1つとなる。Advanced Protection Programは、10月に入って初めて発表された。

 Advanced Protectionを担当するプロダクトマネージャーのDario Salic氏は、「今回のような特別な措置を講じた理由は、当社のユーザーの中に、標的型のオンライン攻撃のリスクが特に高いことが見過ごされてきた少数の人々が存在することだ」とブログ投稿で述べた。「例えば、こうしたユーザーには次期選挙に備えて活動する運動員や、情報筋の秘密を保護する必要があるジャーナリスト、あるいは虐待的な関係から逃れて安全を求める人々などがいる。フィッシング詐欺は、とりわけ注意深く、セキュリティ意識の高いユーザーであっても被害を受けることがあるが、特に、該当ユーザーを個別に標的とした場合などはそうだ」(Salic氏)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1906文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]