コンバージド・ハイパーコンバージド

ハイパーコンバージドの基礎--カギは共有ストレージの仕組み

仮想化ソフトで集約したサーバをより管理しやすい形態として“ハイパーコンバージドインフラ”が普及しつつある。どんなものなのかを基礎から解説する。

 情報システムを新たに構築したり、リプレースしたりする際の選択肢として「IaaS(Infrastructure as a Service)」が有力になっている。IaaSは、サーバやストレージなどのインフラを、ユーザー企業がインターネット経由で利用できるようにするパブリッククラウドサービスだ。

 IaaSでは基本的に、ユーザー企業は外部のハードウェアを使うため、機器をすべて自前で調達して導入、運用するオンプレミス型システムよりも環境を迅速に用意できる。システムを運用している間に、処理性能やストレージ容量が不足した場合は、ユーザー向けの管理用画面から拡張することも容易だ。

 しかしIaaSは、サーバやストレージなどのハードウェアがユーザー企業の手元にないため、データ漏えいなどセキュリティに関する不安が付きまといがちになる。

 プライベートクラウドは、IaaSに相当するクラウドサービスの基盤を自社内に構築してしまうことで、パブリッククラウドの利点を享受しつつ、セキュリティの不安を解消する。いわば、パブリッククラウドとオンプレミスいいとこどりである。

 しかし、サーバやストレージなどのハードウェアと仮想化基盤ソフトウェアを導入し、それぞれを組み合わせてパブリッククラウド環境を構築、運用するには知識が必要となり、手間もかかる。

導入してすぐに使い始められる

 そこで近年、注目されているのが「ハイパーコンバージドインフラ(HCI)」である。HCIは、サーバやストレージなどのハードウェアと、仮想化基盤ソフトウェアを組み合わせてオールインワンの形態で提供される製品である。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1621文字 ログインして続きを読んでください。

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan