経費精算・旅費精算

X-MAN:スマホカメラ活用のモバイル経費精算システム--APIなどで連携

モバイル経費精算システム「X-MAN」は、領収書をスマホのカメラで撮影、ウェブ登録時にタイムスタンプが押される。登録させたデータは経理担当者がウェブで確認する。データは会計ソフトやERPに連携できる。

X-MANのポイント

  • 領収書をスマホのカメラで撮影、ウェブ登録時にタイムスタンプ
  • 登録された領収書データを経理担当者がウェブで確認
  • APIやファイル経由で会計ソフトやERPにデータ連携

X-MANの製品解説

 CEGBの「X-MAN」は、領収書をスマートフォン上で動作するネイティブアプリから撮影し、経費の詳細やカテゴリなどを入力。このデータが専用のウェブアプリケーションへ登録される際に、タイムスタンプが押される仕組みとなっている。

編集部おすすめの関連記事

 登録された領収書データに対して、経理担当者がウェブ画面で確認すると、各種APIやファイル経由で会計ソフトやERPに情報が連携されるため、追加情報の入力や編集作業なども一切不要だ。経理部門のユーザーは、ウェブブラウザを介して登録データの管理を行うだけで済み、経費精算にかかる工数を削減できる。

 経費のカテゴリは、交通費や消耗品費、会議費、交際費、通信費、配送費、宿泊費など柔軟に作成する。マイカー通勤や業務使用時のガソリン代の精算をオプションとして提供する。

 交通費は「駅すぱあと」の経路案内で使われているエンジンを採用している。スキャナソフト「ScanSave」と連携する。

X-MANのまとめ
用途と機能スマートフォンのカメラで撮影した領収書をウェブに登録して活用する経費精算システム
特徴領収書の撮影で手間なくペーパーレス経理環境を構築可能なほか、経費精算にかかる工数を削減
税別価格98万円~

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan