メール arcserve Japan合同会社

Arcserveにメールアーカイビング--100万件を1秒で検索、ポリシーを設定

メールアーカイビングソフトウェア「Arcserve UDP Archiving v6.0」を11月15日から受注する。メールデータを暗号化し、変更不可能なレコードとして保存、管理する。100万件のメールを1秒で検索できるという。

 arcserve Japanはメールアーカイビングソフトウェア「Arcserve UDP Archiving v6.0」を11月15日から受注する。11月20日から出荷する。ライセンスの税別価格はメールボックスの数が50でメンテナンス1年で39万8000円となっている。

 Arcserveは4月にFastArchiverの買収を発表。FastArchiverのメールアーカイブ技術を「Arcserve Unified Data Protection(UDP)」のラインアップに加えた。

 UDP Archivingは、メールサーバやクラウドのメールサービスで送受信されたメールを収集。過去のメールも一括で取り込める。収集されたメールは暗号化されて変更不可能なレコードとして保存、管理される。メールシステムとは別の場所に保存、管理することで稼働するメールシステムに負荷をかけることはない。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1158文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. 導入事例:スペックは確かに凄い…各社の最新ストレージ。実際に使い比べた最終決定は…?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan