オフィスソフト

Mac版でVisual Basic Editor強化--「Office 365」更新動向【2017年10月版】

PowerPointやOutlookには既に「Microsoft Translator」を用いた翻訳機能がアドオンとして提供されているが、それがWordにも提供される予定だ。

 Microsoftが2017年10月上旬に更新した「Office 365」各プラットフォームに対する変更内容を報告する。

 「バージョン1709(ビルド8528.2139)」へ更新したWindowsデスクトップ版では、Word 2016やExcel 2016、PowerPoint 2016、Outlook 2016に対して、アイコンやSVG画像をOfficeシェイプに変換可能になる予定だった。

 だが、筆者がPowerPointで確認した限りでは、Office Insiderにあった<Convert to Shape>ボタンが<書式>タブに現れず、動作を確認できない。察するに内部的な問題もしくは社内的事情で同機能は次のバージョンへ見送ったのだろう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2418文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドって本当は高いんですか?!安いんですか!?AWSが提案する「コスト最適化」アプローチ
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. “ムダ”な資料作成に費やす“ムダ”な時間を減らし生産的な日常業務を取り戻す
  4. 既存ビジネスを変革し「第2の創業」も!SaaSで市場を制したリーダー達の経営術とは
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan