オフィスソフト

Mac版でVisual Basic Editor強化--「Office 365」更新動向【2017年10月版】

PowerPointやOutlookには既に「Microsoft Translator」を用いた翻訳機能がアドオンとして提供されているが、それがWordにも提供される予定だ。

 Microsoftが2017年10月上旬に更新した「Office 365」各プラットフォームに対する変更内容を報告する。

 「バージョン1709(ビルド8528.2139)」へ更新したWindowsデスクトップ版では、Word 2016やExcel 2016、PowerPoint 2016、Outlook 2016に対して、アイコンやSVG画像をOfficeシェイプに変換可能になる予定だった。

 だが、筆者がPowerPointで確認した限りでは、Office Insiderにあった<Convert to Shape>ボタンが<書式>タブに現れず、動作を確認できない。察するに内部的な問題もしくは社内的事情で同機能は次のバージョンへ見送ったのだろう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2418文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  3. 導入事例:スペックは確かに凄い…各社の最新ストレージ。実際に使い比べた最終決定は…?
  4. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  5. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan