運用管理 アイエスエイ

NM-2100MXミニ:エージェントレス方式の中小規模向けネットワーク監視装置

中小規模向けのネットワーク監視装置「NM-2100MXミニ」は、エージェントレス方式で最大で128点の対象を監視。機器の死活やSNMPトラップなどに対応し、14種類のサーバ機能を監視する。

NM-2100MXミニのポイント

  • エージェントレス方式で最大で128点の対象を監視可能
  • 専用ツールで遠隔から設定を追加、編集
  • ネットワーク構成のグループ化も定義

NM-2100MXミニの製品解説

 アイエスエイの「NM-2100MXミニ」は、複数のネットワーク機器やサーバなどを長期間安定して監視するエージェントレス方式のネットワーク監視装置だ。本体サイズは幅215mm、高さ42mm、奥行き200mm、EIA規格の1Uハーフとなっている。

編集部おすすめの関連記事

 機器の死活やSNMPトラップを監視する。加えて、ネットワークカメラやWi-Fiアクセスポイント、ネットワーク機器に組み込まれる14種類のサーバ機能なども監視でき、最大で合計128点の対象を監視できる。

 運用監視全体は、監視項目に特化して効率的に動作するようチューニングされた監視専用部と、監視状態や変化の情報を管理してウェブ画面で表示、異常発生時の通知機能を持つ統合管理部に分けられる。それぞれが独立して動作するため、安全に運用できる。

 複雑なネットワーク監視を容易に設定する専用ツールが用意されており、本製品との間でアップロード、ダウンロードできるため、遠隔から設定を追加、編集することも可能だ。ネットワーク構成のグループ化を定義する機能を備えており、複数機器で構成されるシステムでも、素早く問題を把握、対処できる。また、監視のスケジューリングも可能で、部分的なメンテナンスや機器の増設の際に、予定をあらかじめ入力しておくことで、不要な異常信号発生を防止できる。

 電源は冗長化対応で、一方の電源供給が遮断されても瞬時にもう一方の電源で継続して稼働するため、高可用性が求められる各種遠隔装置を組み込んだシステムでも使用することが可能だ。

NM-2100MXミニのまとめ
用途と機能中小規模向けエージェントレス方式のネットワーク監視装置
特徴機器の死活やSNMPトラップ、ネットワークカメラやWi-Fiアクセスポイント、ネットワーク機器に組み込まれる14種類のサーバ機能なども監視でき、最大で合計128点まで対応する
税別価格19万8000円

「運用管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]