SSO アクセス管理

IP3-ACE:多要素認証やSSO、ID管理を選択できる統合認証管理基盤

統合認証基盤の「IP3-ACE」は、導入企業の環境や要件に応じて、多要素認証やSSO、ID管理を自由に選択できる。利用者が自らパスワードを変更したり、忘れてしまったパスワードを利用者自身がリセットしたりできる。

IP3-ACEのポイント

  • MFAやSSO、ID管理を自由に選択できる統合認証プラットフォーム
  • 認証時のアクセスログや操作ログなど各種履歴を一括管理し検索、参照が可能
  • パスワードを利用者自身で変更するなど、運用負荷を軽減する機能も搭載

IP3-ACEの製品解説

 アイピーキューブの「IP3-ACE」は、多要素認証(Multi-Factor Authentication:MFA)やシングルサインオン(SSO)、ID管理の機能を選択できる統合認証プラットフォーム。MFAの「AuthWay」、SSOの「CloudLink」、ID管理の「EntryMaster」で構成される。

編集部おすすめの関連記事

 ID情報を取りまとめるメタディレクトリを核に、ほかのディレクトリやCSVと連携してID情報のインプットやアウトプット、各システムへのSSO、多要素認証などの機能を利用できる。

 MFAでは、ワンタイムパスワードによる認証やスマートデバイスによる認証などを提供。SSOでは、ウェブシステムとクラウドサービスの認証を統一し、利用者の利便性を向上できる。ID管理については、分散するシステムやクラウドサービスのID情報を一元管理し、ユーザ管理の運用負荷を軽減することが可能だ。

 これらの機能は、導入企業の環境や要件に応じて選択できるほか、後から機能を容易に追加できる。

 ユーザー管理や各種設定などは、ウェブベースの統一された管理用インターフェースから操作できる。認証時のアクセスログ、ユーザー情報の登録や変更、削除といった操作ログなど、一括管理された各種履歴も検索、参照できる。

 また、利用者が自らパスワードを変更する、忘れてしまったパスワードを利用者自身がリセットできるなど、管理者の運用負荷を軽減する機能も備わっている。そのほか、管理者から利用者に対する任意の条件による一括メール通知、有効期限が設定されたユーザー情報を自動検知し当該ユーザに通知メールを送信する、といった機能も搭載する。

IP3-ACEのまとめ
用途と機能MFAやSSO、ID管理の機能を選択できる
特徴ID情報を取りまとめるメタディレクトリを核に、ほかのディレクトリやCSVと連携してID情報のインプットやアウトプット、各システムへのSSO、多要素認証などの機能を利用

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドって本当は高いんですか?!安いんですか!?AWSが提案する「コスト最適化」アプローチ
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. “ムダ”な資料作成に費やす“ムダ”な時間を減らし生産的な日常業務を取り戻す
  4. 既存ビジネスを変革し「第2の創業」も!SaaSで市場を制したリーダー達の経営術とは
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan