アクセス管理 ディー・ディー・エス

EVE MA:生体やICカードなど対応の多要素認証統合基盤--Active Directoryと連携

多要素認証統合プラットフォーム「EVE MA」は、生体やICカード、パスワードに対応。Active Directoryと連携して、グループごとに活用する認証方法を変えられる。シングルサインオンなどにも対応する。

EVE MAのポイント

  • 生体やICカード、パスワードでの多要素認証を統合
  • Active Directoryと連携して、グループごとの認証も設定
  • シングルサインオンやVDI、代理認証にも対応

EVE MAの製品解説

 ディー・ディー・エスの「EVE MA」は、IDとパスワードでのユーザー認証を生体認証(指紋や顔、指静脈、手のひら静脈)やICカード(FeliCa/MIFARE)、パスワードでの多要素認証方式に置き換える多要素認証統合プラットフォームだ。

編集部おすすめの関連記事

 Windowsログオン、仮想デスクトップ、業務アプリケーションなど複数の認証を統合し、ユーザーの利用環境に応じて安全で利用しやすい認証基盤を提供する。確実な本人確認によって“なりすまし”のリスクを低減するほか、Active Directoryとシームレスに連携し、グループに対して柔軟に設定する。

 たとえば、一般のユーザーはICカードとパスワードで認証、個人情報を取り扱うグループはICカードと生体認証での認証など、柔軟な対応が可能だ。また、2017年5月30日に施行された改正個人情報保護法対応として、個人情報の取得から保管、譲渡、開示までの各段階で取り扱いガイドラインの遵守に必要な運用をサポートする機能も搭載している。

 生体認証の中でも、指紋認証には登録率100%のハイブリッド指紋認証方式を採用。使いやすさが必要とされる生体認証システムで効果を発揮する。

 顔認証に関しては、カメラに顔を向けるだけのハンズフリー認証が可能なほか、常時監視による離席時の画面ロック機能も用意。市販のウェブカメラや端末搭載カメラも利用できるため、導入コストの低減を図ることが可能だ。

 IDマネージャーによるシングルサインオンも特徴のひとつ。IDマネージャーはドラッグ&ドロップの簡単操作で設定でき、アプリケーション側の開発を行わずにウェブアプリケーションやデスクトップアプリケーション、VDI接続認証などIDとパスワードが必要なシステムへのシングルサインオンを実現する。そのほか、シンクライアント(VDI)や1台の端末を複数で利用する代理認証(共通ID)にも対応する。

EVE MAのまとめ
用途と機能生体やICカード、パスワードでの多要素認証を統合する基盤
特徴Active Directoryと連携してグループごとに認証方法を変えられる。IDマネージャーによるシングルサインオンにも対応
導入企業神奈川県藤沢市役所、北海道釧路市役所、カブドットコム証券など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  2. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること
  5. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan