メール

「Inbox by Gmail」の便利な小技(2)--「Snooze」オプションをカスタマイズ

「Inbox by Gmail」の「Snooze」(スヌーズ)機能を使えば、特定の電子メールを一度非表示にし、特定の時間に再び表示させることが可能だ。ここでは、Snoozeで所定の期間をカスタマイズする方法を解説する。

 読者の皆さんも同じかもしれないが、筆者は電子メールをちらっと見て、後で(さらに)熟読できるように保留しておきたいと思うことがよくある。そういうとき、筆者は「Inbox by Gmail」の「Snooze」(スヌーズ)機能を利用する。 Snoozeを使えば、迅速にInboxに指示を出して、その電子メールを非表示にし、後で特定の時間に再び表示させることが可能だ。Snoozeでは、所定のスヌーズ期間から選択することもできるし、特定の日付と時間を手動で選ぶこともできる。さらに嬉しいことに、Inboxは、所定の期間をカスタマイズできる機能も提供する。したがって、「明日の朝」をデフォルトの午前9時ではなく午前7時に変更したければ、それも可能だ。明日の朝を7時32分に設定することもできる。Snoozeは週末を定義する機能も提供する。したがって、自分にとっての週末が金曜日~日曜日、あるいは土曜日だけなら、そのように定義するといい。

 これらのカスタマイズは、Inbox by Gmailのデスクトップ版とモバイル版の両方で機能する。このことは、Snoozeの魅力をさらに高めるものだ。それでは、InboxのSnoozeオプションをカスタマイズする方法を見ていこう。

 皆さんは既にInboxをインストール済みで、「Gmail」アカウントを使用しているものとして説明を進める。本記事では、Inboxの「Android」版を使って説明するが、 「iOS」版デスクトップ版でも手順は同じだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1331文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]