NTTアドバンステクノロジ NTTデータ

百五銀行、RPAを試行導入--事前検証で年間1283時間の削減を確認

百五銀行はRPAを試行導入する。事前検証では、年間1283時間の削減効果を確認している。本部事務で対象業務を拡大して効果を測定していく。

 地方銀行の百五銀行(三重県津市)はロボティックプロセスオートメーション(RPA)ソフトウェアの試行導入を10月16日から始める。事前検証で効果があることを確認している。試行導入では順次、本部事務で対象業務を拡大して効果を測定、その結果を受けてRPAの導入を進めていく。

 百五銀行は、2016年4月に「働き方改革推進室」を設置、銀行全体としての労働生産性を高める取り組みを進めている。その取り組みの中で行内のデスクワークを代行、自動化するRPAのニーズが高まっていたという。そこからNTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)が開発するRPAソフトウェア「WinActor」を選んだ。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan