NTTアドバンステクノロジ NTTデータ

百五銀行、RPAを試行導入--事前検証で年間1283時間の削減を確認

百五銀行はRPAを試行導入する。事前検証では、年間1283時間の削減効果を確認している。本部事務で対象業務を拡大して効果を測定していく。

 地方銀行の百五銀行(三重県津市)はロボティックプロセスオートメーション(RPA)ソフトウェアの試行導入を10月16日から始める。事前検証で効果があることを確認している。試行導入では順次、本部事務で対象業務を拡大して効果を測定、その結果を受けてRPAの導入を進めていく。

 百五銀行は、2016年4月に「働き方改革推進室」を設置、銀行全体としての労働生産性を高める取り組みを進めている。その取り組みの中で行内のデスクワークを代行、自動化するRPAのニーズが高まっていたという。そこからNTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)が開発するRPAソフトウェア「WinActor」を選んだ。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドって本当は高いんですか?!安いんですか!?AWSが提案する「コスト最適化」アプローチ
  2. なぜ貴社にはまだオンプレミスが残っているのか?ビジネス全体をクラウドへ安全に移行するための7つのカギ
  3. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  4. アプリ管理、デバイス管理、セキュリティ対策……忙しすぎる情シス向け「これだけはやっとけ」リスト
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]