SDN/ネットワーク仮想化 WAN高速化

Unity EdgeConnect:アプリケーションごとに通信を制御できるSD-WAN

SD-WANソリューションの「Silver Peak Unity EdgeConnect」は、アプリケーションごとの通信を制御する。特定のアプリケーションを拠点から直接インターネットへアクセスさせて実行できる。

Silver Peak Unity EdgeConnectのポイント

  • ポートやDPIなどのほかにアプリケーションごとの通信を制御
  • 特定のアプリケーションを拠点から直接インターネットに接続して実行
  • データを圧縮して転送、一度受信したデータの送信を排除してWANを高速化

Silver Peak Unity EdgeConnectの製品解説

 Silver Peak Systemsの「Silver Peak Unity EdgeConnect」は、WAN構築に必要なルーティングのほか、アプリケーション別のパケット制御、複数回線の同時利用、エラー訂正などに加えWAN高速化も利用できるSD-WANのハードウェア。

編集部おすすめの関連記事

 アプリケーションベースで通信を制御する。IPアドレスやポート番号、ディープパケットインスペクション(DPI)に加えて、独自機能である「First-Packet IQ」を使いアプリケーションを認識する。通常のルータではできなかったアプリケーションごとに通信を制御、「Internet Breakout」機能では、特定のアプリケーションを拠点から直接インターネットへアクセスさせて実行できる。

 WAN高速化と回線品質の向上もポイントといえる。WAN上を流れるデータを圧縮して転送するとともに、一度受信したデータの送信の繰り返しを排除することで高速化させる。エラー訂正技術でパケット再送を削減し、ベストエフォート回線品質を向上している。

 そのほか、シンプルなエッジルータ型、既存環境を変更することなく導入できるインラインブリッジ型など、さまざまなネットワークの接続形態をサポートしているのも特徴だ。

 ラインアップは、小規模支店に適したWAN帯域が2~220Mbpsの「EdgeConnect XS」、大規模支店に適した10~1000Mbpsの「EdgeConnect S」、本社や小規模ハブに適した50~2000Mbpsの「EdgeConnect M」、データセンターや大規模ハブに適した1~5Gbpsの「EdgeConnect L」、同じくデータセンターや大規模ハブに適した2~10Gbpsの「EdgeConnect XL」が用意されている。

Unity EdgeConnectのラインアップ(出典:NECネッツエスアイ)
Unity EdgeConnectのラインアップ(出典:NECネッツエスアイ)
SilverPeak Unity EdgeConnectのまとめ
用途と機能必要なルーティングのほか、アプリケーション別のパケット制御、複数回線の同時利用、エラー訂正などに加えWAN高速化も利用できる
特徴アプリケーションごとに通信を制御。特定のアプリケーションを拠点から直接インターネットへアクセスさせて実行できる。WAN上を流れるデータを圧縮して転送するとともに、一度受信したデータの送信の繰り返しを排除することで高速化させる

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan