IoT AI・機械学習

すべてのデバイスに音声認識機能を持たせるには--グーグルのエンジニアが考える可能性

グーグルは、簡単な音声認識をいたるところに浸透させる取り組みの一環として、世界中の人々の発話サンプルを集め、家庭にある家電製品やガジェット類すべてに音声制御機能を持たせる準備を整えようとしている。

 Googleは人々が「はい」や「いいえ」と言うのを聞きたがっている。そして、おそらく「オン」や「オフ」と言うのも。

 Googleは、簡単な音声認識をいたるところに浸透させる取り組みの一環として、世界中の人々の発話サンプルを集め、家庭にある家電製品やガジェット類すべてに音声制御機能を持たせる準備を整えようとしている。

 Googleの主任エンジニアPete Warden氏は、ケンブリッジで開催された「ARM Research Summit 」で、「われわれが音声インターフェイスに強い関心を寄せているのには、多くの理由がある」と語った。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4009文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan