AI・機械学習 クラウド クラウドストレージ

Boxの新フレームワーク「Box Skills」--AI活用で業務プロセスを合理化

Boxが発表した「Box Skills」は、「IBM Watson」「Microsoft Azure」「Google Cloud Platform」の人工知能や機械学習を使って実行される大量のタスクを活用しつつ、それらのAPIをエンタープライズデータの処理に投入する。

 Boxなどのクラウドストレージ企業によって、社内のファイルはかなり素早く、そして簡単に移動できるようになり、誰もが確実に同じバージョンのデータを参照できるようになった。Boxはこのほど、業務プロセスの合理化に向け、データを取り出してインテリジェンスを加えることで、ファイルの検索や並べ替え、他のファイルとの関連付けを容易にする取り組みを明らかにした。

 Boxは米国時間10月11日、「Box Skills」および開発者向けの「Box Skills Kit」を発表した。いずれも「2018年初め」にパブリックベータ版がリリースされる予定だ。Boxの最高戦略責任者(CSO)を務めるJeetu Patel氏が明らかにした。

 基本的に、Skillsは「IBM Watson」や「Microsoft Azure」「Google Cloud Platform」の人工知能や機械学習を使って実行される大量のタスクを活用しつつ、それらのAPIをエンタープライズデータの処理に投入する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1682文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。
  3. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  4. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  5. 東京ガスの成功事例に学ぶCX向上術――できることから始めて会員数600%増を実現

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan