バックアップ

AOSBOX Intelligent:全自動で任せられるバックアップサービス--AIも活用

バックアップサービスの「AOSBOX Intelligent」は、全自動でバックアップできる。データはAIで分類してタグを付与されることで検索対象になる。写真や画像はメタデータが自動で取得され、絞り込んで検索できる。

AOSBOX Intelligentのポイント

  • 全自動ですべてのデータをバックアップ
  • データはAIで分類してタグを付与、全文検索にも対応
  • 写真や画像はメタデータの自動取得で絞込可能

AOSBOX Intelligentの製品解説

 AOSデータの「AOSBOX Intelligent」は、データをバックアップし、管理できるクラウド型のバックアップサービスだ。人工知能(AI)を活用する。

編集部おすすめの関連記事

 指定フォルダにデータを入れるなどの作業は不要で、初期設定をするだけですべてのデータを自動的にバックアップする。バックアップ方法として、データの復元速度が速い通常ストレージと、大量データの保存に適したコールドストレージのいずれかを選択できる。

 バックアップされたデータはAIを活用することで自動的に分類され、タグが付けられる。これによってキーワードで全文を検索できるほか、ファイル名がわからない場合でも、メタ情報やタグで近似のキーワードで見つけ出すことが可能だ。AIタグは学習していくことで精度が向上していくため、使用するにしたがってより的確に検索できるようになる。

 写真や動画など多彩なコンテンツも管理できる。メタデータを自動取得して写真や動画を絞り込めるほか、サムネイル表示やプレビュー、動画のストリーミング再生も可能だ。アップロードした動画のストリーミング再生用バージョンが作成されるので、4KやHDの動画でもクラウド上で任意のシーンから自由に再生できる。

 光学式文字認識(OCR)機能も備えており、PDFやTIFF、JPGなどの内容を抽出してテキスト化し、検出層にそのデータを置くことが可能だ。これにより、画像データから全文検索してテキストを探し出すこともできる。

 ファイルへのアクセスのほか、バックアップの開始と停止、復元、ポリシー作成やストレージ制限など、すべての活動のログが記録され、管理者が一元管理できる。軍事レベルの暗号アルゴリズムを採用。基盤はAmazon Web Services。

AOSBOX Intelligentのまとめ
用途と機能全自動でバックアップできるクラウドサービス
特徴AIを活用することでデータが自動的に分類され、素早く検索できる。画像からテキストを検索できるOCR機能も搭載。高解像度の動画もクラウド上でストリーミング再生できる

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ストレージ比較!「Dell EMC」vs「HPE」結果をどう見る?--大量データ処理は企業の生命線
  2. 東大大学院教授・森川氏が明かす「DX × 働き方改革」の未来
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. イスラエル国防軍サイバー攻撃部隊の技術と知見を結集した次世代のエンドポイント対策とは?
  5. どのクラウドをつかえばよい?信頼できるクラウドサービスを選ぶために重要な4つの視点

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan