開発支援

ARES PRISM:プロジェクトの設計管理や現場の進捗管理などのシステムを包括

プロジェクト管理の「ARES PRISM」は、必要な見積もりのほかにコストや設計、調達、契約状況、現場の進捗状況などを管理するシステムを包括する。文書管理やダッシュボード、システム連携などのツールも用意されている。

ARES PRISMのポイント

  • コストや設計、調達などプロジェクト管理で必要なシステムを包括
  • 変更予算や支払額、発注額などのコストを管理
  • 調達プロセス全体を管理、契約企業との状況を管理

ARES PRISMの製品解説

 千代田システムテクノロジーズが販売する「ARES PRISM」(ARES Project Managementが開発)は、プロジェクト管理に必要なシステムを包括したシリーズ。見積もり、コスト管理、設計管理、調達管理、契約管理、現場(工事)管理のほかにドキュメント管理やダッシュボード、システム連携などのツールも備えている。

編集部おすすめの関連記事

 見積もりシステムには、見積もりと見積もりデータの一元化や一貫性が必要な組織向けに設計。見積履歴データベースで同じ見積もりを確認しながら共同で作業でき、すべての見積を1つのシステムでカバー。見積もり、予算、スケジュールを調整してプロジェクトのリスクを排除する。

 コスト管理システムは、プロジェクトの成果物を納期内、予算内に作り上げるためのシステム。プロジェクトの予算から変更予算、支払額、発注額、完成予測コスト額まで徹底したコスト管理を実現する。

 設計管理システムは、エンジニアリング(設計)のタスク、成果物、ワークパッケージを予算や時間から進捗状況を捉えるためのモジュール。設計図書や設計成果物を定義し、設計図書ステータスを測定して設計成果物の進捗を管理する。

 調達管理システムは、あらゆる規模やタイプのプロジェクトに対して調達プロセス全体を管理するのに必要な機能を搭載。手配依頼や見積依頼(RFP)、入札評価、注文書(PO)を作成、注文や輸送、支払いの状況を管理する。

 契約管理システムは、オーナー、設計から調達、建設までの各段階の契約企業、コンストラクション管理などさまざまな役割が対象。プライム契約の作成、入札評価の実施、支払項目ベースの契約を作成する。

 現場管理システムは、現場の状況をタイムリーに更新して管理する。現場の進捗情報を常に把握してプロジェクトを正常に保つことができる。

 ダッシュボードでは各業界のベストプラクティスに基いて用意されたダッシュボードビューで、進捗やパフォーマンス情報を表示。予算や実績、今後のコスト、承認・保留・変更、スケジュールマイルストン、キャッシュフロー、差異分析などの状況を常に確認、分析、共有できる。

 システム連携ツールは、統合基幹業務システムや会計システムを連携する「out-of-the-box」の統合プラットフォーム。エンタープライズレベルの連携、ビジネスプロセスの自動化、データ同期などの機能を利用できる。

 ドキュメント管理システムは、重要な技術文書やビジネス文書を検索、共有、管理する。柔軟性とシンプルさで複雑なCADや3Dファイル、エンジニアリングプロセス、ファシリティ・エンジニアリング文書、製品データなど製品ライフサイクル管理(Product Lifecycle Management:PLM)の目標を適切に管理することを目指す。

ARES PRISMのまとめ
用途と機能プロジェクト管理に必要なシステムを包括
特徴見積もり、コスト管理、設計管理、調達管理、契約管理、現場(工事)管理といったシステムを用意。文書管理やダッシュボード、システム連携といったツールも活用して、プロジェクトの開始から完了までをサポートする

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan