帳票管理

O2 Re:Porter:PDFを毎分6000ページで作成する帳票管理システム

帳票管理システム「O2 Re:Porter」は、一般的な帳票を毎分6000ページでPDFファイルに作成する。複数の帳票レイアウトを1ページに統合して印刷するマルチレイアウト印刷機能も搭載している。

O2 Re:Porterのポイント

  • 毎分6000ページでPDFファイルに作成、複数のレイアウトを1ページに統合
  • 支店別日計表や業績管理業などを日次や月次に分けて配布
  • 「LibreOffice」に新規作成したプラグインで柔軟に帳票を設計、設定

O2 Re:Porterの製品解説

 オン・アンド・オンの「O2 Re:Porter」は、企業内のオープン環境における「高速・軽快・多機能・廉価」を実現した帳票作成ソリューションだ。

編集部おすすめの関連記事

 これまでの帳票ソリューションは「重厚長大で高額」もしくは「廉価で低機能」という両極端なものが多かった。また、ECの出荷現場などで大量の帳票印刷を高速で行う、といったリクエストに応えられるものがなかったとしている。

 具体的な機能としては、一般的な明細出力の帳票を毎分6000ページのスピードでPDFファイルに作成する。複数の帳票レイアウトを1ページに統合して印刷するマルチレイアウト印刷機能も備えており、昨今の物流での配送伝票が求める、セパレータの入った用紙に縦横混在で複数レイアウトを統合するといった印刷に対応する。

 各店舗のプリンタに対して、同一レイアウトの帳票のうち当該店舗分のページだけを配信するプリンタ別配信機能も搭載。支店別日計表や業績管理業などの日次や月次の帳票を分けて配布できる。

 丁合(ちょうあい)機能を使えば、複数帳票を1台のプリンタに宛先別などのキー設定で丁合しながら出力が可能。これにより、手作業もしくは機械による丁合の手間とコストの削減が図れる。フリーウェアの「LibreOffice」に新規作成したプラグインを導入すれば、柔軟かつ汎用的な帳票の設計、設定が低コストですむという。

 そのほか、同時処理数、優先度などの帳票作成ジョブの制御、プリンタステータス取得、スプーラ監視などの印刷データ保証、印刷ジョブのスプール機能、TTFのイメージ化といった基本的な機能も実装されている。

O2 Re:Porterのイメージ(出典:オン・アンド・オン)
O2 Re:Porterのイメージ(出典:オン・アンド・オン)
O2 Re:Porterのまとめ
用途と機能「高速・軽快・多機能・廉価」を実現した帳票作成ソリューション
特徴毎分6000ページという超高速PDFファイル作成やマルチ・レイアウト印刷など多彩な機能を搭載
税別価格パッケージ本体:300万円(1サーバ)
保守費用(次年度より):30万円(1サーバ1年)
初期導入費用:40万円~(1サーバ)
帳票設計・作成指導:10万円~(1ヵ所1日)
帳票作成代行:2万円~(1帳票)

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。
  3. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  4. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  5. 東京ガスの成功事例に学ぶCX向上術――できることから始めて会員数600%増を実現

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan