勤怠管理・労務管理 人事評価 人材管理 ゾーホージャパン

Zoho ピープル:プロジェクトの工数にも対応する人事勤怠管理サービス

人事勤怠管理サービス「Zoho ピープル」は、プロジェクトの工数も管理できる。ウェブやモバイルで出退勤を記録、休暇の種類や入力項目はカスタマイズ可能。従業員の資格やスキルなどを統合、目標に対する進捗も管理する。

Zoho ピープルのポイント

  • ウェブやモバイルで出退勤を記録、休暇の種類や入力項目はカスタマイズ
  • 案件やタスクなどごとに記録、業務の種類などで工数を分析
  • 従業員のプロフィールなどを統合、目標に対する進捗も管理

Zoho ピープルの製品解説

 ゾーホージャパンの「Zoho ピープル」は、人事情報や勤怠情報を一元管理するクラウドサービス。プロジェクトの工数なども管理する。クラウドでデータを一元管理することで人事総務業務の生産性向上を支援し、紙やファイルの分散や重複、紛失による業務効率の低下を解決する。

編集部おすすめの関連記事

 ウェブやモバイルから出退勤を記録でき、内容は一覧での確認やエクスポートも可能。休暇の種類や入力項目をカスタマイズできるほか、従業員ごとに最低勤務時間などの設定を行える。工数は案件やプロジェクト、タスクごとに記録でき、クライアントやプロジェクト、業務の種類ごとに工数のレポートを作成、分析できる。

 従業員のプロフィールや資格、スキル、独自データといった情報を統合して一元管理でき、組織構造もツリー形式で表示する。検索にも対応し、データの変更履歴は自動記録され、後から変更内容をたどることもできる。編集対象は必要な範囲に制限した上で従業員自身が直接情報を入力、更新できるため、転記ミスを防げる。

 目標を設定し、進捗管理や評価・評定の記入が可能。随時フィードバックを送信でき、従業員の強みや弱みを明確にできる。定型処理やルーチンワークは自動化してシステムが実行し、書類の提出期限や評価のリマインドなど各種通知を自動で送信する。

 ドラッグ&ドロップでフォームを作成でき、自社の規定やニーズに合わせて入力項目を設定できる。データの追加や編集時に条件を指定して他のサービスやシステムにデータを送信でき、APIを通じて他のサービスとも連携可能だ。

Zoho ピープルのまとめ
用途と機能人事や勤怠の各情報を一元管理するクラウドサービス
特徴従業員の情報や目標・評価、レポートなどの機能を搭載。紙やファイルの分散・重複・紛失による業務効率の低下を防ぎ、生産性向上を支援
税別価格無料(5ユーザー)から。ベーシックプランは10ユーザーで月額19ドル

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。
  3. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  4. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  5. 東京ガスの成功事例に学ぶCX向上術――できることから始めて会員数600%増を実現

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan