資産管理 ニッポンダイナミックシステムズ

ez-NodeFinder:ネットワーク内の未管理端末を自動で検出--不正の予兆を把握

ノード自動検出ツール「ez-NodeFinder」はネットワーク内にある未管理の端末を把握する。資産台帳に未登録の端末や存在が確認できない端末、変更内容の詳細を確認する。不正利用の予兆を把握にもつなげられる。

ez-NodeFinderのポイント

  • ホスト名やMACアドレスなど検出されたハードウェアの一覧を取得
  • 台帳に未登録の端末や存在が確認できない端末、変更内容の詳細を確認
  • 特定端末のネットワーク接続状況を時系列に確認

ez-NodeFinderの製品解説

 ニッポンダイナミックシステムズの「ez-NodeFinder」は、社内ネットワーク上のIT機器を自動検出するノード自動検出ツール。未管理の端末を把握し、IT資産の最適化や情報漏洩リスクの低減に活用できる。

編集部おすすめの関連記事

 対象とするIPアドレス範囲を指定すると、ホスト名、IPアドレス、MACアドレス、NICベンダーなど検出されたハードウェアの一覧を取得。異なるセグメントもツールを配置することで収集可能となる。

 最新の検出結果から比較、解析、追跡し、IT資産台帳に未登録の端末や存在が確認できない端末、変更内容の詳細を確認可能。期間内にIPアドレスやMACアドレスの変更などがあった端末を確認できるため、不正利用の予兆の把握にもつなげられる。

 いつ、どこから接続しているか、いつからホスト名やIPアドレス、MACアドレスなどが変更になったかなど、特定端末のネットワーク接続状況を時系列に確認することもできる。リストに未登録のIT機器を検出した際、管理者へメール通知する機能も搭載した。

 拠点間で頻繁に端末移動が起きる環境下でもネットワーク接続されている端末の見える化が可能で、既存のIT資産台帳と検索結果を突き合せて管理漏れも把握できる。蓄積したネットワーク機器の情報を解析することでIP競合などのトラブル発生時に調査時間を大幅に削減するなどの効果が期待できる。

ez-NodeFinderのまとめ
用途と機能ネットワーク上のノードを自動発見・検出するツール
特徴IPアドレス範囲を指定すれば、検出したハードウェアを一覧で確認可能。IT資産台帳との比較で未登録端末の発見や、設定変更の解析で不正使用の予兆を把握できる。端末のネットワーク接続状態も時系列で追跡可能だ

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる
  5. AWSが公式解説:メリットを正しく把握!WindowsシステムをAWSに移行するファーストステップ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]