AI・機械学習 KDDI

音声検索、「人前では恥ずかしい」が7割--4割弱は「人に聞いた方が楽」

検索結果を文字で読むことは「面倒」3割、「人に聞く方が楽」4割弱――。音声操作に対する日本人の意識が明らかになっている。

 33.2%が検索結果を文字で読むことは「面倒」、「人に聞く方が楽」だと考えているのは37.2%――。KDDIが10月5日に発表した「日本人の音声操作に対する意識調査2017」で明らかになっている。

 話しかけるだけでネットを検索したり、家電を操作したりできる音声認識スピーカが日本でも話題になっている。LINEの「Clova WAVE」とグーグルの「Google Home」の提供が始まり、「Amazon Echo」も2017年内に提供される予定だ。

 調査では、45.4%が「文字入力による情報検索は面倒」と感じていることが明らかになった。「人前での音声検索は恥ずかしい」が71.1%。30代女性の81.9%が「恥ずかしい」と感じているが、50代男性の39.3%は人前でも平気と回答している。

 では、スマホでのハンズフリーの通話はどうか? 全体の65.7%が「恥ずかしい」と感じている。人前でのハンズフリー通話は、周囲から独り言を言っているようにも見え、抵抗を感じてしまうようだ。男女別に「恥ずかしい」と感じるのは、男性が60.4%、女性が71.0%。人前での音声検索と同様に女性の方が恥ずかしさを感じている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1687文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。
  3. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  4. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  5. 東京ガスの成功事例に学ぶCX向上術――できることから始めて会員数600%増を実現

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan