その他セキュリティ

PeopleLogOn:スマホで離籍時にPCを自動ロック--不正持ち出し防止にも

「PeopleLogOn」は、スマホの電波を活用して離籍時にPCを自動でロックする。ポケットWi-Fiルータ、USBメモリ、Felica、静脈認証なども利用できる。

PeopleLogOnのポイント

  • ログオン管理を自動化、キーボードの入力も同時にブロック
  • FeliCaやUSBメモリ、静脈認証も活用可能
  • オフィスのWi-FiをキーにすることでPC持ち出し防止策にも

PeopleLogOnの製品解説

 電机本舗の「PeopleLogOn」は、スマートフォンなどをキーデバイスとして離籍時にPCを自動でロックできるセキュリティ対策ソフト。ログオン管理の自動化だけでなく、マウスやキーボードの操作も同時にブロックする。Windows Homeエディションのように、セーフモードで起動すると無条件に管理者権限でログオンできてしまうようなOSでも動作する。

編集部おすすめの関連記事

 キーデバイスとしてWi-Fiテザリング機能を備えたスマートフォン、もしくはポケットWi-Fiルータを利用可能。スマートフォンなどが出力する電波の強弱をビーコンとして、ロック&ロック解除を自動実行する。

 ロック時には、Windowsの標準的なログオン画面が表示される「Windows」+「L」による手動ロックにも対応。

 USBメモリではPCのUSB端子に接続されているか、Felica(Suica/Edy/nanaco)ではカードがカードリーダ上にあるかでロックを判断するほか、認証ユニットがあれば静脈認証も利用できる。オフィスに設定しているWi-Fiをキーに指定することで、PCの持ち出し防止装置としても機能する。

 ラインアップは、標準仕様の「PeopleLogOn」以外に、マウスキーボードロックに対応していない「PeopleLogOn Lite」、自分だけが開封できる暗号化フォルダを作る「Safe BOX」を実装した高機能版の「PeopleLogOn EX」、USB接続型の静脈認証ユニットが付属する「PeopleLogOn EX-Bio USB」、Bluetooth接続型の静脈認証ユニットが付属する「PeopleLogOn EX-Bio BT」など。「PeopleLogOn」に関しては、1週間無料で使える試用版も用意されている。

PeopleLogOnのまとめ
用途と機能離籍時にPCを自動でロック
特徴Wi-Fiテザリング機能付きスマートフォン、ポケットWi-Fiルータ、USBメモリ、Felica、静脈認証などをキーデバイスとして利用可能
税別価格PeopleLogOn 1ライセンス版:1万円
PeopleLogOn Lite 3ライセンス版:5999円
PeopleLogOn EX 1ライセンス版:9999円
PeopleLogOn EX-Bio USB 1ライセンス版:2万9800円
PeopleLogOn EX-Bio BT 1ライセンス版:3万9800円

「その他セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]